FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

栃尾の現場者

大杉さん顔アップ

アオーレ長岡シアターで常設されてる花火映画上映後にお借りして
『長岡監督特集上 第4弾』の上映素材の試写をしました。
無事に3作とも映って良かったと同時に、当日またドタバタしそうなので何事もなく無事に上映してほしいと切に願います。

そういえば大林宣彦監督は劇場の舞台挨拶で壇上に立つ前にスクリーンに感謝の意を込めお辞儀をするそうなので、それに肖って上映前にこちらも無事に上映が終わることをスクリーンに願おうと。

五藤利弘監督から届いたばかりの『モノクロームの少女』も無事に映り、改めて栃尾の棚田などの美しさに目が入ってましたが、今回やはり大杉漣さんの登場シーンに括目してました。

以前にも書きましたが全部で登場シーンは3つ。
どれも短い出番ながらも、現場ではアドリブの連続で登場したシーンよりも遥かな時間をアドリブで決めキャメラは回り続けたかと思います。

脚本を送った際に主人公の男の子の父親役を選んだのは漣さんだそうで、この短いシーンの中でも何気に息子に気を配りながら行く末を不器用ながらも暖かく見守り、時にズッコケながらも背中を押してる姿に一人暗闇の中でジーンと来ておりました。

亡くなったことなど未だに信じられず、本来なら今頃、クランクアップし大杉漣のフィルモグラフィに五藤利弘監督『被爆ピアノ』が加わるハズだったのに、と痛恨の思いを今も抱いてますが、湿っぽいことは漣さんは嫌いなはず、ここはぜひスクリーンを通して漣さんの姿に観賞者それぞれの皆さんが思いを心の中で伝えるような上映ができたらと思いました。

==============================

画面に引き込まれ、最後まで胸がずきずきしながら観ました。
栃尾という地の記憶をよく浮かび上がらせていて見事だと思いました。
ひとつの風景・背景に込められた想い…
キャスティングもカメラワークも素晴らしかったと思います。
栃尾という地で営まれてきた人々の記憶と思いを普遍化していった素晴らしい作品でした。

(ドキュメンタリー映画『ひめゆり』監督 柴田昌平)

==============================
↑『モノクロームの少女』公開時のチラシに寄稿された柴田昌平監督の推薦文ですが、
最近、五藤監督は渋谷で打ち合わせをしていたら柴田監督と奥様の大兼久プロデューサーが声をかけてきたそうです。
こんな偶然が『モノクロームの少女』上映前に起きるんだな、と驚きました。

あと『モノクロームの少女』は中越地震で被災した人たちが徐々に立ち上がって前を向いて生きていくこともテーマにあると思います。
北海道地震の被災者の方々にお見舞いを申し上げます。

画像は『モノクロームの少女』栃尾撮影現場での現場者・大杉漣さんです。
今、思い出しました。中越地震後に市民映画館をつくる会事務所に大杉漣さんがお見舞いの電話を送ってくれたことを。
この場で漣さんの心遣いに改めてお礼を。

『モノクロームの少女』(2009年 99分)監督・脚本 五藤利弘
撮影 芦澤明子 音楽 原朋信=シュガーフィールズ 主題歌 スネオヘアー『ホームタウン』
出演 寺島咲、入野自由、川村亮介、大桃美代子、村野武範、モロ師岡、松井誠、大杉漣、加藤武 ほか
*3年前の大地震で失った大事なキーホルダーを探すため、幼なじみの広志とともに壊れたままの中学校校舎跡を訪れたくるみ。そこで2人は古い木箱に入った写真を発見するが、写真の中で哀しげな表情を浮かべていた少女が突然、2人に向かって語り始める。
ある青年に会いたいと言う少女の願いを叶えるため、くるみたちは その青年を探すことにするが…。
長岡出身・五藤利弘監督の劇場用長編デビュー作。
中越地震で傷ついた故郷への思いを美しい山里の風景が残る栃尾を舞台に映画化。
撮影から10年が経ち酒蔵会社社長役の加藤武さん、
そして主人公の少年の父親を演じた大杉漣さんも今年亡くなり、追悼の意味を込め上映します。

===================================

★ながおか市民活動フェスタ‘18 参加企画

トーク&上映会

*長岡監督特集上映第4弾

日時 9月8日(土)

会場 アオーレ長岡シアター
入場無料 (よろしければカンパをお願いします)

入替制

*10時より各上映作の整理券を会場にて発行します。

10時10分~   
原田裕司監督・脚本 『冬のアルパカ』(30分)長岡・山古志ロケ映画      
出演 仁後亜由美、伊藤公一、大迫一平、宇野祥平 他


11時00分~      
小林茂監督・撮影・ナレーション 『雪合戦』(58分)
上映前 須藤伸彦氏 (「小林茂の仕事」Oタスケ隊トーク)

13時~      
五藤利弘監督・脚本 『モノクロームの少女』(99分)栃尾ロケ映画
出演 寺島咲、入野自由、川村亮介、大杉漣、加藤武
上映後 五藤利弘監督トーク 

*予告なく変更になる場合があります。予めご了承願います。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!

問 電話 09045204222 
e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

20180908長岡監督上映会
https://www.youtube.com/watch?v=RqGTrxIOHtU
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2002-9b1b72f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT