FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『Tale of a bucher shop 』



「それじゃぁ『ある精肉店のはなし』を上映する資格はないだろう!」

深夜に電話の向こうでこちらと話してた橋本さんが激高しました。

話はとある媒体に今回の“纐纈あや監督特集”の枠がないため、
単なる映画上映会としか載らないかもしれないということをウィルながおかの方から耳にし、そこへはそのウィルの方から掲載依頼をしていたこともあって、こちらは全て事後報告となるために、その媒体に確認することが後手後手にまわった事態となり、
もはや版下は印刷所へまわされたであろうと確信した後に、
腑に落ちないために橋本さんに相談の電話をしたら、

「まずホントに字数が足りないか先方に君が直接確認するべきだろう、
いい?あの映画『ある精肉店のはなし』の題名が伏せて掲載されたとなると、
なんらかの意図を勘ぐられかねないし、
何より映画に映ってる人たちがこれまでどんな思いを抱いて生きてきたのか、
それを監督は覚悟を決めて撮影したか、
今の君の様子では、それがわからず上映する資格が全くない!」

『ある精肉店のはなし』の屠畜解体された牛を前に誇らしげに映るポスター、チラシに写ってる家族4人は被差別部落出身ということでいわれなき差別とずっと闘ってきた人たち。
この兄弟の父親は小学校で差別を受けたことに腹を立て読み書きもできぬまま学校に行くことを辞め、以降は己の腕一本で屠畜を生業とし、兄弟はその背中をずっと観て育ってきた人たちです。

映画の中で記録されてる牛を屠畜解体するさまのナイフ捌きは、その父親から受け継いだもの。観ているこちらはその職人的を超えて芸術のようでもあるのですが兄弟からすれば父から教わったことをそのままやっているので、なぜ賞賛されるか不思議なようだったと纐纈あや監督は話していましたが、その父親は積年の差別の錘からなのか、今でいうDVを家族に当たり散らしていたそうで、そんな職人としての誇りと豹変する姿を間近で見てきた複雑な思いも含めて、覚悟を決めて纐纈監督は撮影を決意し、それに応じて家族の人たちも被差別部落の人たちが顔を映すことはこれまでタブーだったものを互いの覚悟で踏み越えて完成したともいえる映画。

その覚悟は上映する側も常に緊張感を持っていなければと橋本さんと電話で話して改めて肝に銘じました。

しかし橋本さんは元シネ・ウインド支配人でその前は新潟シネマ、ライフとこれまでの人生の半分以上を映画でご飯を食べてきた方で、それが腰痛など病を抱えシネ・ウインドを唐突に退社、こちらも市民映画館をつくる会の人たちから放り出された後に、たまたま腐れ縁なのか新潟の路上で再会したことで今に至っているのですが、折に触れ映画に思い入れが無くなったと本当なのか話しながらも、こういったことに関しては何よりも熱くなる人だよなぁ、ともう何度も思いました。
だからこをこちらは怒鳴れたり、呆れられたりしながら相談ができるのですが。
というわけで気を引き締めていきたいと思いました。

その後日、橋本さんから電話があり、この前の続きかと構えていたら
「今、三条に仕事で来てるんだけどおススメのラーメン屋さんない?」
とのことでした。
こちらと違って引きづらないんだと。

『ある精肉店のはなし』
公式HP https://www.seinikuten-eiga.com/

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2057-aab0eec7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT