FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“香港映画のゴッドファザー” レイモンド・チョウ 



今年のハロウィンのコスプレでアイドルさん達がやたらとキョンシーのコスプレをしてたのはこの前兆だったのか。
などと一瞬バカなことが過りましたが“香港映画のゴッド・ファザー”と呼んでいた大プロデューサーのレイモンド・チョウ翁が昨日亡くなったと知りました。

91歳、かつての上司で独立後は火花を散らしたショウ・ブラザーズのランラン・ショウは101歳で大往生となったので、まだまだ健在と思っていましたが、、、

担当者もついさっきネットで流れ知ったばかりなので、今頃日本、そして世界中の功夫迷の脳裏にゴールデン・ハーベスト社のオープニングタイトルが流れて
https://www.youtube.com/watch?v=jf_c9jHAjqY
クンフーマスターの雄姿・激闘がフラッシュバックしてることと思います。

ブルース・リー、ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウとまさに黄金色の収穫となる錚々たるクンフースターを育て上げると同時にアジアのほんの片隅の小さな“借り物の時間、借り物の場所”だった都市で生まれた香港映画を国際的な地位まで高めた偉大な映画プロデューサーでありました。

特に『燃えよ!ドラゴン』が大ブームとなりながら、肝心のブルース・リーが伝説となった後もホイ三兄弟の『Mr・Boo』シリーズを経てジャッキー達の香港三銃士にキョンシーの『霊幻道士』が大人気となった日本では矢継ぎ早にゴールデン・ハーベストの映画が劇場、ビデオを問わずに席巻して自然とクレジットされてる鄒文懷やRaymond Chow レイモンド・チョウの名前に親しみと敬意を抱き、さらに人格形成にまで影響を受けた映画好きが多数いたかと思います。

担当者はジャッキーバカだった(今も)頃にジャッキー見たさに香港は鑽石山(ダイヤモンドヒル)にあった今は無きゴールデン・ハーベスト社を訪れたら、会社の前にスタリオンが駐車しており、あぁジャッキーがいるのかと思ってた時にロールスロイスが颯爽とやってきて見たことがある老紳士が降り、あっレイモンド・チョウだと大喜びしたと同時にこの人がブルース・リーやジャッキー・チェンを育てたと思わず敬礼をしたい衝動に見舞われました。
日本からのジャッキーバカは当時頻繁にここへ訪れてたのでレイモンド翁はまた日本人が来てるなぁといった感じでこちらを見て会釈して下さいましたが思えばジャッキーに会えなくても貴重な体験でありました。

その後に香港返還を経てゴールデン・ハーベストは徐々に規模を縮小、2007年にレイモンド翁は引退をしますが、2012年の東京国際映画祭で「特別感謝賞」を受賞、それにあわせて偉大な功績を回顧する素晴らしい企画“レイモンド・チョウオールナイト”を開催、当時すでに希少価値だった35㎜フィルムで『ポリスストーリー 香港国際警察』『霊幻道士』『キャノンボール』(バート・レイノルズにも合掌)を一挙上映、御大も来日するというのでホントに来るのかとチケットを握りしめて会場に馳せ参じましたが、やはり御大は欠席しメッセージが代読された記憶があり再会ならずでしたが、それでも思い出となったゴールデン・ハーベストの映画を堪能したいい機会でありました。
もし来たら一人だけでもスタンディング・オペレーションを企んでました。

最近ではアン・ホイ監督、アンディ・ラウ主演作『桃さんのしあわせ』でレセプションパーティで本人役で、ドニー・イェンが香港クンフースター達に最大の敬意を込めた『カンフージャングル』にカメオ出演といづれの作品もレイモンド翁へ後進の映画人達のリスペクト感を感じて、観てるこちらも姿が登場したら込み上げるものがありました。

『長岡アジア映画祭』ではクンフー映画ではないものの上映したピーター・チャン監督、レオン・ライ、マギー・チャン主演『ラヴソング』、リー・チーガイ監督、金城武、ケリー・チャン主演『世界の涯てに』で製作総指揮としてクレジット。
いづれもメロドラマの傑作でありましたが当時のピーター・チャン率いる映画会社UFOと資本提携をゴールデン・ハーベストで結んだという事情でレイモンド翁は作品に深くタッチしてないことが想像できるので、それでもレイモンド翁の映画を上映できたことはもちろん嬉しく思いますが、あえて映画人レイモンド翁がその映画人生の有終の美を飾った作品として担当者はクンフー映画の集大成となる大傑作、レイモンド・チョウ製作総指揮、ツイ・ハーク監督、ジェット・リー主演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』を挙げたいと思います。

ブルース・リーから始まる自社の歩みと偉大なジャンル映画のクンフー映画をこの映画で香港返還前に総括したことは大プロデューサーとして面目躍如だったと思います。

たくさんの心躍る映画を手掛けて、こちらの人生を楽しませて下さったレイモンド・チョウにこの場を借りて深く感謝と敬意を。

画像は↓こちらから拝借。
https://twitter.com/brucelee/status/1058421851523735557
この二人が出会って映画の革命が起きたと信じてます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2062-0addd6b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT