FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

熱闘甲子園



11月17日 『纐纈あや監督特集』特集。

「僕たち野球部員の使うグローブは牛革が使われてます。
これまで乱暴に扱っていたりしたことがありますが、
これからは大切に使おうと思います」

一昨年の『ある精肉店のはなし』長岡上映会に続いて、
今回も中越高校野球部員が観賞に来てくださいました。

話は二年前に遡って県内の甲子園出場常連校のひとつ中越高校野球部の本田監督が
どこかで『ある精肉店のはなし』のチラシを手にして、
これはぜひ部員に観せたいと1,2年生部員を引率して観に来てくださり、
部員の皆さんはもちろん監督も手放しで称賛。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1353.html
↑その時の部員の皆さんの感想ですが感銘をうけたことがわかるかと思います。

今回は1年生のみでしたが、1週間前に参加希望の電話があったのでいろいろ調整して実現したと思います。
『ある精肉店のはなし』だけかと思っていたら『土と育つ子どもたち』も観賞したいとのことで驚き大変うれしく思いました。

それだけ本田監督が纐纈監督へ信頼を寄せていたということだと想像します。

冒頭の言葉は『ある精肉店のはなし』上映後、監督トークを経て質疑応答となったら、
見事に野球部員の皆さんが挙手、そのなかの一人が質問でなく感想として話し、館内から拍手が沸きました。

映画の中で屠畜した牛の皮を使って太鼓の張り替えに精を出す弟さんの姿が映し出され、
また纐纈監督によれば北出家のひとたちは牛の骨にこびりついてる肉片さえ無駄にせずにそぎ落としてるそうで、そういった屠畜された牛への思いに深く感化されたうえでの発言で纐纈監督も大変喜んで聞いておりました。

この野球部員たちの質疑応答を聞いてて甲子園に行くことが当然のような目標を掲げてるぶん、厳しい世界なんだろうと。
1年生部員は30人ほどで野球は9人で行うから、すでに競争は始まっているシビアな世界から、足を運んでいただいたのは嬉しく思いました。

先回観賞した当時1年生部員が主力で今夏の甲子園出場を決めたので、今回観に来た部員の皆さんも甲子園へ行くことを願います。
たぶん他校の球児よりも『ある精肉店のはなし』を観賞したことが強みに思い、
いづれ纐纈監督の映画を観たら甲子園に行ける、などというジンクスを夢想したりしました。

画像は『土と育つ子どもたち』上映後、物販が一段落したころに部員の皆さんが監督を見つけ話しかけてるところです。

纐纈あや監督の最新インタビュー
映画「ある精肉店のはなし」一週間アンコール上映決定! 纐纈あや監督インタビュー
https://www.bepal.net/news/52639?fbclid=IwAR3ncCrmY_zNOsFm8FHYBPyNZCaf9ouXdrPmECZ-6qDWn7d45gsW9cAed2o
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2078-e14bdec3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT