FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

J-MAX THEATER上越



高田世界館で『止められるか、俺たちを』を観たこの日は
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2085.html
ジャッキー・チェンの『ポリスストーリー REBON』の封切り日でもあるので、ちょうど上越市のシネコン、J-MAX THEATER上越にて公開されると知って世界館に行く前に初めて足を運びました。

他のシネコンのようにショッピングモールと併設されてるわけではなく、他にテナントがゲームセンターとリサイクルショップというのが、ちょっとシネコンのイメージと違い、ロビーもちょっと薄暗いのが気になりましたがジャッキーをやってる劇場は座席は気持ちよく座れ、スクリーンも結構大きく、きちんとしたシネコンなんだという感想を持ちました。

他のプログラムはシネコンでかかる大作はきちんと押さえてる他、いわゆる映画通を唸らせる地味で良質な作品もあったりして、なかな充実してるんだなぁということと、『日日是好日』は世界館でも公開してるので、互いに交流とかあるんだろかと思いました。

今回、J-MAXに来たので、これで担当者は県内のシネコンを全て踏破、現存する他の映画館も大要、シネ・ウインド、高田世界館と来たので残るは佐渡のガシマシネマのみになりましたが、観に行く機会はあるのか気長に待ちたいと思います。

それで御年64歳(!)のジャッキー・チェン主演作『ポリスストーリー REBON』のお客さんは自分も含めて年齢高め、若者もチビッコもいないのが残念でなりませんが、でもまぁ公開初日のまさに封切りから観るのはいわゆるスキモノということで互いにジャッキー好き同志、妙な連帯感を味わってるうちに上映開始。

冒頭から始まる大銃撃戦の中でキレッキレのアクションを披露するジャッキー。
いきなり手に汗握り以降、国境を越えてアクションがほぼ切れ間なくノンストップで駆け巡って終わってみれば、やっぱり面白かったと、相も変わらず身体を張ってお客さんを楽しませることに全力を注ぐジャッキーに心から拍手喝采となりました。

事前にトンデモSF映画と耳にし、ジャッキーが宇宙人と戦うとこまで来たのかと思ってましたが、実際はそうではなく、一応SF的な要素は自分は理論的に納得できたので、思ったほどトンデモではありませんでしたが、ジャッキーが魅せるアクションの他にこれまでの積み重なれたキャリアが味わい深く滲み出てる場面が。

冒頭は不治の病の幼い娘が危篤となり見舞いに行こうとするものの、重要な任務を命じられやむなく葛藤したあげくに銃撃戦の真っただ中に向かうことになるのですが、ここでの娘さんへの強い愛情が全編に渡って貫いてるので、こういう娘思いの等身大のジャッキーもやはりいいなぁ、と思ってました。

ついでにいわゆるジャッキーガールズも今回は清純派、やり手のショートカット、アマゾネスと毎度のことながらジャッキー、わかってくれてます。

しかし正直に書けばジャッキーの大陸寄りが続く発言の中で香港・台湾を貶めたりしてるのは長年のファンでもいかかがなものかと思っているので、今作は前半は台湾での撮影のようだからいづれまた全編香港ロケの作品を手掛けてほしいと、大林監督も新作は久しぶりの尾道なので、そんな形でジャッキーを育てた香港でまた唖然とするアクション映画を撮ってほしいと。

でもまぁ、本作が始まる前、東映の三角マークや松竹の富士山のような映画会社のOPが立て続けに10社くらい出てくるのですが、いづれも字面がすれば大陸の資本なのでジャッキーが大陸になびくのも大人の事情も含めていろいろあるんだろうなぁと。

『カンフーヨガ』『ポリスストーリー REBON』『ナミヤ雑貨店の奇跡』ともう一本『The Foreigner』を発表するなど尋常でない狂い咲きと言っていいような大活躍をしてるジャッキーのまだ未公開作で非情なジャッキーが観れるという『The Foreigner』が来年のゴールデンウイークに公開が決まったそうなので、正月に麻の着物一反もらったので、夏まで生きよう と太宰治の心境となってます。

おまけで最近のジャッキー・チェンリスペクトのMV。
ゆるめるモ!(You'll Melt More!)『ネバギバ酔拳』(Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=tUZvTgSWNxk
監督はコメント欄でジャッキーへのデマが書かれるとすぐさま、それは違うとコメント返しするので信頼できるようです。
武田梨奈はぜひジャッキーと共演していただきたいです。

本日は李小龍の誕生日でしたが成龍の話ばかりになりました。
偉大なアクションスター両雄に心から敬意を。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2087-438c715b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT