FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

能動的な動きが新しい時代をつくるだろうと思った。 『土と育つ子どもたち』高校生の感想

11月17日 『纐纈あや監督特集』から『土に育つ子どもたち』のお客様の感想を、今回は観賞いただいた高校生からの感想を抜粋して掲載しますがたくさいんいただいたので今日と明日二回に分けて掲載します。

画像は『土に育つ子どもたち』が観たいからと新潟市から当日の手伝いに来てくれたスタッフで作品を観賞しDVDを手にしてご満悦でした。

46452261_334056057389758_57563513933004800_n.jpg

*土に足をとを聞かせる。など面白い表現があった。

*子供達が育てたもので食べ物を作って、掃除も自分たちでいろいろな所をやっていて学ぶことがたくさんあった。

*自然とふれあいながら育っていく環境があるなんてはじめて聞いたので自分のなかでは想像もできなかったことが知れて、とても良い機会だった。

*子どもの生き生きとした姿がかいまみれた。
自分の小学校と比べながらみていたのですが、食に対する意識が違っていました。

*このように自然に多く触れることのできる環境にいれる子供たちは、人と違う考えをしっかり持つことのできる人になると思ったし、人生に生かせることがたくさん学べると思いました。

*子どもたちの笑顔と一生懸命取り組む姿がとても印象的だった。
トークの内容は監督の考えや作品を製作するにあたっての考えがおもしろかった。

*机に向かって学問を学ぶだけではなく、その他のことを学びそれを他の人に伝えたくさんの命にふれていてすごいと思いました。

*自由学園の子は自分が小学校の時とはちがっていて、すべての掃除や野菜(食料)を作っていて、みえないところの排水溝までやっていて正直びっくりした。
この学校でやっていることは絶対に将来いきてくるものだと思った。

*子ども達が自分でもっとどうやったら、良くなったり楽しめるのかっていうことを、自然に考えて行動できていた。
そういうことが大人になっても大切で今の自分に足りない所だと思った。

*自由学園の子は自分のことを全部自分でやっていて、そして見えない所の掃除までやっていてすごかった。
自由学園の生徒は感性があると思いました。

*子ども達が自分の思ったことを、主他まま言葉や行動に表している姿に素直だなと思った。だがその素直に思ったことを伝えられなかったり、言えなかったりする人が大人にも多いと思うから、思ったことは発信するように心がけたい。

*初めてこのような機会をいただいて監督さんもお招きいただき、その話も聞いて中身を理解できて良かった。

*子どもの自分で考える姿に「子ども」ではなく、1人の人としての見方があることに気付いた。能動的な動きが新しい時代をつくるだろうと思った。

*毎日、子ども達は生き物や植物にふれていて、すごく自分で考えていたし、やっていることを工夫しながら楽しんでいて、そういうところを自分も考えながらやっていきたいと思った。

*普段あまり見ることのない内容の映画でとても興味深く見せてもらい、貴重な体験をさせていただきました。

*今の時代、映画で上映されたような学校がとても少ないと思います。
自分たちで育てた野菜を、給食に使っていることにとても驚きました。

*小学生のなのに一人暮らしをできるくらい、なにをすれば良いか考えて行動していた。
人間は食べないと生きていけないので食事の大切さも学んだ。

*小さいころから野菜などを素材からつくって食事をその食料でつくることで知識などが社会にでたら他のそういう経験をしてない一人、経験が勝っていると思った。
自分がそういう人より特別な経験をしているのなら、それに自信、プライドを持って社会に出ても生きていきたい。

*子供達の屈託のない表情は印象的でした。
このような教育は大事だと思っています。
しかし一般的な学校に取り入れるにはどうしたらよいのでしょう?


*今まで知らなかったことを知ることができてよかった。

*自由学園の子供たちは毎日自然とふれあい、いろいろなことを感じている。
私たちもいろいろなことを感じながらやっているが、自分たちはまだまだだと気付かされました。

*今回のお話を聞いて思ったことがありました。
それは自分が見ている中では子供たちがやらされているように見えて、本当に楽しい学校生活を送れているだろうかと思ったことです。
いくらでもやらせればいいと考えていては子どもたちは大きく成長できないと思った。
とても自分のためになる話で本当に良かったと思う。

*大人の姿を見て、子供は育つ。だから学ぶ場所は学校だけではなく自分でどうしたいという考えがあればいつどこでも学べると思った。

*いろいろわかりやすく野菜を作るだけなのに楽しそうな子供たち、い映画だと思った。

*子供達の表情、学校での生活の様子がとても美しかったです。
こういった子どもたちの表情を見るために自分は何が出来るのかナ?と思いました。

*今回の映画で生きるために学ぶという考えを持つということがいちばん印象に残りました。いままで受験に受かるというような安易な考えで勉強を行っていただけど、将来の自分が素晴らしい人になれるよう努力していきたいです。


スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2094-1d5b96ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT