FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Candle in the Wind



“高江を見過ごすと、みなさんの住んでいる地域が高江になる。
辺野古のSOSをスルーすればあなたのSOSをスルーする国になります。”
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-865.html

沖縄について思うといつもこの『標的の村』長岡上映会に三上智恵監督より寄せていただいたメッセージが頭に浮かぶので、
12月14日とされる辺野古への土砂投入はどう考えてもおかしいと思い、
自分ができる意思表示として福本圭介先生が呼びかけた
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2101.html
↑こちらのキャンドル・プロテストに参加しました。
やはり三上監督の三作を観て上映して知ってしまったら、
見過ごしたり、SOSをスルーすることは出来ないと。

とはいえお仕事終わりにギリギリ間に合うかと算段したものの、
大幅に遅刻し会場の新潟駅南口に着くと、
すでにロウソクの灯を手にした人たちが。

ただ幸い晴れたものの風が強く
福本先生はロウソクの灯は風が吹けば一瞬で消えるものの、
すぐにまた灯っている火から、次の灯をともして繋がっていく様が、
この運動を象徴していると感じたと話した方がいたそうで、なるほどと思いました。

参加者が奏でたバイオリンの曲名は『童神』
どこかで聴いたメロディだと思ったら『標的の島』の冒頭の県民集会で歌われた子を愛しむ親の心を歌った曲。

最後に参加者皆さんでバイオリンとともに合唱したのが『We shall overcome 』
『戦場ぬ止み』で歌われエンディングで流れていたデモクラシーを象徴する曲。

奇しくも三上監督作品に関連がある曲が続けて奏でられ、
改めて沖縄へ心を寄せることが出来ました。
スポンサーサイト



| 未分類 | 02:25 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2103-c037c308

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT