FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白い廃墟



"若き日の広河隆一はイスラエルで働いてた農場で「白い廃墟」と出会う。それはかつてパレスチナ人が暮らしてた村の跡だった。以後、今も続く失われた住民を捜す「破壊と追放の歴史」を辿っていく。
1948年イスラエル建国、70万人以上のパレスチナ難民が発生。これをパレスチナ人はNAKBA(大惨事)と呼ぶ。報道月刊誌「DAYS JAPAN」編集長・広河隆一が取材した膨大な記録をまとめた渾 身の1作。"

「第13回長岡アジア映画祭」のオープニング上映が『パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)』でした。
フォトジャーナリストの広河隆一氏が自身のライフワークともいえるパレスチナ問題の集大成を映画で完成。

http://nakba.jp

「DAYS JAPAN」の編集長として、またフォトジャーナリストの第一人者として大きな尊敬を集めていた広河氏、
パレスチナをはじめチェルノブイリ、福島と尊敬すべき仕事を多く手掛けていましたが週刊文春にて自身のこれまでの業績が吹っ飛ぶ大スキャンダルが発表されてから、この僅か三日で評価が天界から地のさらに底に落ちたものとなってます。
きちんと裏付けが幾重にも取られ、実際に「DAYS JAPAN」に出入りしていた記者が署名入りで書いただけに信ぴょう性が高く、
その内容が内容だけにあまりにも落差の激しさに追い付かないほどなので困惑を超えて怒りを覚えます。
(広河氏は謝罪文を発表)

「白い廃墟」とはイスラエルで目にしたかつてパレスチナ人が暮らしていた集落の跡。
この住民たちを広河氏は『パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)』で探しますが、
荒涼とした村々の集落跡の廃墟が今の氏の心象風景に重なる思いも、、、、

氏を目標にしてきた女性たちを潰してきたことはジャーナリズムの世界にとっての損失は計り知れず、、、
まとめることができません。

画像は『パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)』の宣伝写真として送られたもの。
とても気に入ってた1枚でした。
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2117-0593d2f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT