FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

献杯



年の瀬も押し詰まり、お仕事納めは終わったものの、諸々の作業は終わらずどうすることも出来ずに、半ば逃避の意味でお世話になってる居酒屋・かちんこへ。
ここのカウンター脇の壁には以前、旅番組でこのお店の若き日の俳優仲間で今は亡きご主人と対談をした大杉漣さんのサイン色紙が飾られており、いろいろあった今年漣さんを思い出して色紙に献杯して、静かに漣さんを思い出して飲もうとしましたが、そうはならずカウンターに座ってた常連さんの女性が画像の写メを撮ってるこちらを見て「あなた映画の人でしょう!」と。

結構あちこちに顔だしてるとこんな形で省略された呼び方をされるのですが、確かに先日の纐纈あや監督特集の打ち上げの時にこちらのお店を使った際にも
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2079.html
カウンターにこの常連女性が賑やかにお酒を飲んでたことをこちらも覚えていたので、
「あぁ、あの時の、覚えてます」と伝えたら
「大杉漣さん今年亡くなったのよね」
「でも、私ここで角替さんと飲んだことがあるのよ、亡くなってショックだったわ」

よく話を聞くと『この空の花』撮影時にこちらで飲んでたら出演してた角替和枝さんが訪れ一緒に楽しくお酒を飲んでたそうです。
女将さんによればご主人の柄本明さんも奥さんからこのお店の評判を聞いてか、何度か訪れたそう。

女性は続けて、
「あそこの座敷で年配の俳優さんが飲んでたので握手をしてもらったことがある。誰だったかなぁ、凄いお酒が好きで最後はマネージャーさんだかが迎えに来るまで飲んでいた」
結局名前は思い出せず、誰かと気になりましたが、それにしても『この空の花』の撮影時は大林監督は勿論、根岸季衣さんも来たことがあるそうで、サスガにかちんこという名前だけに映画人は目にしたら若松孝二監督のようにふらりと入りたくなるんだろうと。

ついでに女将さんに「最近、役所広司は来ましたか?」と尋ねたら「来てない」そうです。

その後、カウンター席の常連さん達とわいわい、日頃ムスッとしてるこちらからすれ酒場で隣のほぼ初対面のお客さんとわいわい話しをするなど、あんまり無いのですが、このお店はそんな気になるのが飲みやすいと思ったりと。

そしたら↓こちらで紹介した
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2080.html
Y組の社長が三軒はしご酒の締めとしてこの店にやってきて、こちらを見つけて隣席に座りました。

先日の打ち上げの際にはサイコロステーキを皆さんにご馳走いただいたので、そのお礼をしてから、こちらの近況などを話してましたが、
このお店に毎回上映会のポスターを掲示させてもらってたので何か上映会はあると知ってたものの、主催者がこちらだとは知らずにいたそうで、あの時の打ち上げの様子を見てて驚いたとお酒をどんどん注ぎながらいつしか語らっておりました。

市民映画館をつくる会では高畑勲監督『おもひでぽろぽろ』を上映した際、高畑監督をお招きし、その際に普段はサインを貰うことが無いのになぜかその時に高畑監督からウエストポーチにサインをしてもらったこと、先日家の整理をしていたらそのポーチが出てきたことなどを話しました。
大杉漣さん、角替和枝さん、そして高畑監督と自然と亡くなった人たちの名前が出るもんだなぁと内心しんみりとしましたが、その後に最近観た映画として『ボヘミアン・ラプソディ』の話で大いに盛り上がり、確かに世代に関係なく共通の話題としてこの映画の大ヒットは本当に大きいと思ったりと。

ちなみに先の常連女性とも常連同士、知っている仲なのか
「あなたはもっと派手な服を着てもいい」
と紳士的にアドバイスをしていたので、サスガに余裕があると違うなぁと感心してました。

Y組の社長は次はマッサージに行くというので、
思わず「いいですね」と本音を言ってしまったら、
「それじゃぁ、君も連れて行くよ」とかちんこを後にして、
あやしげな店構えだけど健全だった台湾マッサージ店に二人で入店。
体はほぐれて殿町の夜は更けていきました。

先の記事に書いた市民映画館をつくる会最後の会合で反感を持ったY組の社長と何年か後にこうしてまさかマッサージに行くとは、
どんな流れになるかやはり予測できないと思いました。
ありがとうございました。

そして本年、お世話になった方々にこの場で改めて御礼と新年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2121-966ce5fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT