FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『眠る村』



『死刑弁護人』『ヤクザと憲法』と骨太のドキュメンタリー映画を連打する東海テレビドキュメンタリー劇場。

地方局である東海テレビで放映されたドキュメンタリー番組を映画版に編集して劇場公開されて、いつしかその着目点とともに、その動向が注目されるいわばドキュメンタリー映画界の台風の目といった存在になってるかと思います。

何しろ第一弾が現在の戸塚ヨットスクールをテーマにした『平成ジレンマ』
ちなみに第7弾が『神宮希林 わたしの神様』、第10弾が『人生フルーツ』になります。

現在、ポレポレ東中野で新作となる第11弾『眠る村』が公開中です。

それに併せて齊藤潤一監督と全ての作品を統括している立場の阿武野勝彦プロデューサーのインタビューがネットに掲載されています。

◆WEB「インターネットTVガイド-Daily-/気まぐれドキュメンタリー散歩」(2019.1.31)

東海テレビドキュメンタリー劇場 第11弾「眠る村」、阿武野勝彦プロデューサー&齊藤潤一監督、公開直前インタビュー
【前編】「昭和のミステリーの正体」
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20190131_01.html

【後編】「阿武野組の軌跡」
https://www.tvguide.or.jp/column/kimagure/20190131_02.html?fbclid=IwAR0wvtBDLQ-BTjKw9-qfB6LGfEUjSSaAZfIRFtteefKh-vXBGX_e-9MHsAI

*阿武野勝彦さんに聞いた:ものの見方は一様ではない。「こんな見方もあるよ」と示したい マガジン9

https://maga9.jp/190213-5/?fbclid=IwAR2vPN3EZcN5ToTnUwOir5xTZgwvidQyLz4MPHOlCtvDTCTSCFuR0dPcyTg

*東海テレビ「ドキュメンタリー映画」への執念 「東京経済ONLINE」
プロデューサー&監督に聞いた「続ける理由」
https://toyokeizai.net/articles/-/266408

『眠る村』は昭和36年に起きた「名張毒ぶどう酒事件」をテーマにした最新作。
..東海テレビはこれまで犯人とされた奥西勝氏が冤罪ではないかと、取材を重ねてこれまでテレビで8作放映され、今回三作目となる劇場版。

東海テレビが執念とともに追い続けていることに驚嘆を覚えますが、この事件知れば知るほど不可解なものの、奥西勝氏は無念の獄中死を遂げ、今回は妹さんが兄無の無念を晴らそうと再審請求に立ち上がったことを機に再び取材を開始したようです。

県内ではシネ・ウインドで公開が予定されてるようで、これは観てみたいと思います。

 三重と奈良にまたがる葛尾。昭和36年、村の懇親会で女性5人が死亡した。ぶどう酒に混入した毒物による中毒死。事件から6日後、逮捕された奥西勝が犯行を認める。当時35歳。「妻と愛人との三角関係を清算するためだった」と自白した。すると不思議なことに、村人たちは奥西の犯行を裏付けるかのようにパタリパタリと証言を変えていった。
 だが迎えた初公判、奥西は一転無罪を主張。自白は「強要されたものだ」と訴えた。一審は無罪。しかし二審では死刑判決、最高裁は上告を棄却。昭和47年、奥西は確定死刑囚となった。村人たちは事件が起きた公民館を取り壊し、奥西家の墓を掘り返して畑のなかへ追いやった。奥西は独房から再審を求め続けたが、平成27年10月、帰らぬ人となった。享年89歳。八王子医療刑務所で独り、無念の獄死だった。
『ヤクザと憲法』『人生フルーツ』の東海テレビが、“昭和のミステリー”を揺り起こす。
 名張毒ぶどう酒事件——戦後唯一、司法が無罪からの逆転死刑判決を下したこの事件。57年が経った今もなお、多くの謎がある。決定的な物証の不在、自白の信憑性、二転三転した関係者たちの供述。そして、なぜ司法は頑なに再審を拒むのか。その謎に挑むのは、『ヤクザと憲法』『人生フルーツ』の東海テレビ放送。ナレーションはかつて奥西勝を演じた仲代達矢。平成最後の冬に放つ、渾身のミステリー。第66回菊池寛賞を受賞した“東海テレビドキュメンタリー劇場”第11弾。

『眠る村』公式HP http://www.nemuru-mura.com/

ちなみに東洋経済で東海テレビドキュメンタリーは『人生フルーツ』の津端修一さん、『神宮希林』の樹木希林さんと「がんこなひとたち」をテーマにしていると指摘してるインタビューアーの朝山実さんは『第6回長岡アジア映画祭』に来た大杉漣さんに密着し、その後にアエラでルポを書いてた方で、相変わらずのご活躍なんだとうれしく読んでました。
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

多謝!

その節はお世話になりました。徳島から長岡へ、駆け足ながら大杉さんとすごせた楽しい時間でした。東海テレビのお二人のインタビューにもふれていただきありがとうございます。わたし、記憶されないライターなので(笑)、名前を見てびっくりしました。

| アサヤマ | 2019/02/24 11:06 | URL | ≫ EDIT

Re: 多謝!

朝山先生 お久しぶりです。アエラの漣さんルポ貪るように読んだので当然記憶に残っています。
あの号は911直後なのでブッシュ大統領のドアップの表紙もインパクトありました。
今回の東海テレビ以前も時折、署名記事を目にしていました。
今度長岡来られたら漣さんのピンク映画時代の仲間がご主人をやってた居酒屋をご案内したいです。
ご主人、残念ながら亡くなられましたが奥さんが引き継いでて、
お店に漣さんが来た時の思い出話をお話ししてくださると思います。
見つけてありがとうございます。お元気で。


| 長岡アジア映画祭実行委員会! | 2019/02/25 20:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2175-1cd00e74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT