FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『人生フルーツ』シネ・ウインドで再アンコール上映



今回、長岡で三度目の『人生フルーツ』を長岡で上映したわけですが、
リピーターのお客さんがたくさん観に来てくださったこと、
併せてリピーターの方がお友達を誘って一緒に観に来てくれたこと、
さらに上映後にはスタッフにまた『人生フルーツ』を上映してほしいとリクエストをするなど、
中には連日、ネットで検索をして近隣での上映がないか探してる方もいらっしゃいました。
どうして観た方はこの映画をここまで愛してくれるのか、
きちんと分析すれば今後の日本映画の発展に大きく貢献するのでは、
などとと思ったりしました。

担当者はやはり頑固者・津端修一さんが高度経済成長の前に自身の望んだ建築が頓挫されながらも、
ひるむことなくよりによって自身の設計とは違う形となったニュータウンの一画に家を建てて、
果物や野菜、そして森を育てながらも時代と対峙しながら牙を研ぎ、
生涯の最期に時代の流れに乗りきれず疲れちゃった人たちのためにひと肌脱ぐ姿に大きな感銘を覚え、
そこも共感できたポイントという人が結構多いんじゃないだろうかと思いました。

思えば二年前の1月、長岡ロケ映画『栄光の黒豹』がシネ・ウインドで上映することになり、主演の目黒祐樹さんのビデオレターを撮影しようとシネ・ウインド支配人に車に同乗して上京する車中の会話で
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1385.html
当時シネ・ウインドで公開が始まった『人生フルーツ』が連日満員と言われても、
どこか上の空で聞いていたのが、その後のゴールデンウイークにポール・マッカートニーのコンサートに参戦した際にポレポレ東中野で東京特派員と『人生フルーツ』を観賞し
、これはイイ映画だと即上映を決めたことからの付き合いとなりましたが、
まさか3度も上映会を開くとはこの時点で思ってもいませんでした。

それはシネ・ウインド支配人もこの年明けでいくらお客さんが入ってるとはいえ、
二度目のアンコール上映を開くとは思ってなかったハズです。
というわけで4月20日よりシネ・ウインドで三度目の『人生フルーツ』が公開されるとHPにアップされていたのでご紹介します。
https://www.cinewind.com/line-up/#coming
http://www.cinewind.com/wp/wp-content/uploads/2016/08/201904schedule.pdf

先日の長岡上映会の折に時間の関係で『人生フルーツ』を観れなかったお客様にも伝えておきましたが、
長岡から新潟は結構距離があるとはいえ、関心があるならこれは観て損することはなないのではと思います。

『人生フルーツ』公式HP http://life-is-fruity.com/
↑やはり全国のミニシアターでアンコール、再アンコール上映が広まっているようです。
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2209-c39f1678

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT