FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命』



名古屋のミニシアター、シネマスコーレ。
かの若松孝二監督が立ち上げた映画館ですが、現在ここの副支配人を勤める坪井篤史氏を主人公にした映画が昨年から担当者の視界に入ってきました。

映画のタイトルは『劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命』
http://cinemakyosokyoku.com/

今や映画狂として界隈で知られる存在となった坪井副支配人の『ゆきゆきて、神軍』のような尋常でない日常を記録してるようですが、“今や”と書いたのは坪井氏は『第6回長岡アジア映画祭』で『RUSH』の上映とともにトークにお越しいただいた大杉漣さんの大ファンだから、という理由でやってきて打ち上げにも参加しておりました。
当時はサム・リーに似てると評判を得たハズですが、それから挫折することなく立派に映画狂として映画にまでなったことに感慨深いものがこみあげます。

その前に当時のシネマスコーレでどのような肩書なのかわからないのですが、ともかくスコーレ勤務の女性と言えば当時名の通った棚橋さんという女性が、ひょんなことからこちらのことを気に入ってくださったばかりか、田舎の活動で自己満足をしていたこちらに対し様々なアドバイスを下さり、今も恩を抱きながらも活かされないことに忸怩たる思いがあったりします。
その棚橋さんから長岡のことを坪井氏はいろいろ聞いて、わざわざ名古屋から来てくださったというのもあったかと思います。

ついでに思い返せばスゴイこととして『第7回長岡アジア映画祭』で中国映画『鬼が来た!』を上映した際、助演の香川照之さんからビデオレターをいただき、上映前に流したのですが、そのビデオレターの撮影はシネマスコーレでは当時、若松監督を囲んでのワークショップ形式の合宿をやってたらしく、そこへゲストに香川照之さんが参加し、その中で棚橋さんが長岡で『鬼が来た!』を上映するからなどと事情を説明してビデオを撮影、演出はかの若松監督のハズでサスガに香川さんも若松監督が傍にいれば断ることができなかったと思い、当時は勿論、ありがたく上映させていただきましたが、よくよく思うとこれって香川さんの事務所を通さない話なんで有難味が足りなかったのではと、時折失礼を思い返しています。
香川さんはその頃の事務所から現在は変わったようで、もう時効の話としてお目こぼしを。

そんなことを未だ行ったことのないシネマスコーレの名前をきっかけに思い出しておりました。

『劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命』は5月18日にシネ・ウインドにてもちろん坪井副支配人、さらに白石晃士監督をお招きして一夜限りのスペシャル上映会があるようです。

5/18(土)19:15~《白石晃士と坪井篤史の映画狂人ロード・新潟篇》『恋のクレイジーロード』『劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命』『超・暴力人間』上映とトーク

日時 :5/18(土) 19:15~21:50
料金 :一般1800円、シネ・ウインド会員1500円(チケットはシネ・ウインド受付とネットショップで近日発売予定)
ゲスト 白石晃士監督(『不能犯』『貞子vs伽椰子』「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズ)、坪井篤史(シネマスコーレ副支配人)

上映作品
『恋のクレイジーロード』 白石晃士監督、坪井篤史プロデュースの短編バイオレンスラブコメディ。
出演は田中俊介(「BOYS AND MEN」)、芦那すみれ、白石作品に欠かせない宇野祥平 ほか。(2018年 18分)

『劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命』 ミニシアター「シネマスコーレ」の副支配人・坪井篤史に密着。名古屋を映画で一番熱い地にしようと、様々な上映企画やイベントを行うなど、映画愛にあふれる彼の生き様や、その周辺の人々との交流を描く。ナレーションは竹中直人。出演は白石晃士、松江哲明、宇野祥平、カンパニー松尾、井口昇 ほか。名古屋テレビ放送制作。(2017年 1時間05分)

『超・暴力人間』 白石晃士が監督・脚本・編集・出演の未ソフト化作品。雑誌付録DVD制作スタッフに持ち込まれたインタビュー企画がやがて殺人ドキュメントと化す様を描くバイオレンス。主演は『恋のクレイジーロード』にも出演している宇野祥平が勤め、他に那須千里、笠井暁大が出演。(2011年 20分)
トーク:白石晃士監督、坪井篤史(シネマスコーレ副支配人)(40分予定)

https://www.cinewind.com/news/5-18-2/

しかし上映する三本とも宇野祥平さんが出演しているようなので坪井副支配人にも宇野祥平さんが登場する長岡・山古志ロケ映画を見ていただきたいと思いました。

『冬のアルパカ』 https://vimeo.com/156699354

ついでに大杉漣さん目当てに長岡に来た当時、坪井氏はごっちん推しのモーヲタだったハズ。
さすがに今は追っかけてないと思いますが、担当者はゴールデンウイークの娘。新潟コンサートをゲット!!
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2222-365d29d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT