FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

韓国映画『共犯者たち』長岡上映会 6/28  アオーレ長岡市民交流ホールA

kyohan-title.jpg

次回上映会は6月28日(金)アオーレ長岡市民交流ホールAにて
韓国のドキュメンタリー映画『共犯者たち』を上映します。

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=6AiL-Lgbq7U

“記者が黙った 国が壊れた”

↑映画のキャッチコピーを目にし、わかる方にはすぐ伝わると思います。
韓国公営・公共放送が政権の介入に屈し、政府発表を報じるだけの放送局と化したため、
職を奪われた記者達が、報道の自由と民主化のために命がけで権力と闘い、
それを後押しした国民たちの9年を記録。

監督のチェ・スンホは実際に韓国公営放送MBCのプロデューサーとして活躍。
しかし不当解雇された後も独立メディアを同じ仲間とともに立ち上げ、権力と骨抜きにされたメディアにカメラを向け、『スパイネーション×自白』『共犯者たち』を発表後、現在は政権の言論弾圧が一掃され自分をクビにした古巣のMBCになんと社長として迎えられ、経営の立て直しをしてるという不屈のジャーナリスト。

韓国社会で起きた記憶に新しいセルヴォ号の大事故、キャンドルデモの陰で日本では報じられなかった報道の自由を巡る熾烈な政権対ジャーナリストの闘いの成果は
“記者が黙った 国が壊れた”が過去形となったようですが、それが現在進行形で続いている国の観賞者に激しく問いかけることを期待して上映します。

ただし阪本順治監督が以下のコメントを寄せてるようにエンターテイメントとして申し分ない作品とも言えます。

==============================

阪本順治(映画監督)
社会派ドキュメンタリーは敷居が高いと思っている方がいれば、言いたい。これは至極のエンターテインメントである。泣けるし、笑えるし、最後には、自分たちの国に置き換えざるをえなくなる。
『タクシー運転手 約束は海を越えて』『1987、ある闘いの真実』を観た方々は、この二本、『スパイネーション/自白』『共犯者たち』を観ないと完結しない。自分の生活に没している人ほど、感動します。

==============================

『タクシー運転手 約束は海を越えて』『1987年、ある真実の闘い』と韓国国民が非情な権力の弾圧にめげず手にした民主化について否応なしに考えさせられる力作が相次いで公開され対岸の火事でないと思いながらも、
こちらのタイミングが合わず、何より力不足もあって長岡で上映できずにいて悔いが残ってるため、今この機に上映を決めました。

新潟県内初上映となるハズです。

「沢山の人が青春や人生を犠牲にしたが、それはしょうがない。
だが黙らなかったという事実は残る」

映画に登場する報道の自由のために闘い弾圧された記者の言葉です。

『共犯者たち』

主犯は大統領
共犯者は権力におもねった公共放送の首脳陣

2008年、〈米国産牛肉BSE問題〉などの報道により国民の支持を失いかけた李明博政権は、メディアへの露骨な政治介入を始める。狙われたのは公共放送局KBSと公営放送局MBC。政権に批判的な経営陣が排除され、調査報道チームは解散、記者たちは非制作部門へと追われた。両局の労働組合はストライキで対抗するが、政権が送り込んだ新しい経営陣は解雇や懲戒を濫発。その結果、政府発表を報じるだけの「広報機関」となった放送局は、〈セウォル号惨事〉で「全員救助」の大誤報を流し、〈崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件〉の隠蔽に加担することになった……。

メディアの存在意義をかけたジャーナリストたちの抵抗

しかし、それでも諦めないジャーナリストたちがいた。局内に残った記者たちは、さらに激しいストライキに突入。いっぽう、不当解雇されたチェ・スンホ監督たちは、市民の支援で立ち上げた独立メディア「ニュース打破」で調査報道を継続。言論弾圧の「主犯」である大統領と、権力に迎合して韓国の報道を骨抜きにした放送業界内の「共犯者たち」をカメラの前に立たせ、その実態と構造とを明らかにしていく。

監督 チェ・スンホ 製作ニュース打破
韓国映画 105分 カラー 配給 東風 (C)KCIJ Newstapa

公式HP http://www.kyohanspy.com/
公式ツイッター https://twitter.com/kyohanspy
公式FACEBOOK https://www.facebook.com/kyohanspy/

*6月28日(金) 
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA
上映時間 午後と夜の二回上映を予定してます。
料金とともに正式に決まりましたら、またこちらに掲載します。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 E-mail nagaokatsukurukai@gmail.com

HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2232-6fc45be1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT