FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

The Man Who Mends Women : The Wrath of Hippocrates -女を修理する男-



昨晩、アフリカンフェスタ代表の方とアオーレ長岡市民交流ホールAを借りて、
4月30日のプレイベントで上映する『女を修理する男』
5月12日のアフリカンフェスタinながおか2019で上映する『チョコラ!』の試写を行いました。

担当者は映写として参加するので、とりあえずきちんと映るかどうかのチェックでしたが、
幸い両作とも映って良かったですが、『チョコラ!』の方は当日やはり小林茂監督のチェックを仰がないと。

またアフリカンフェスタ代表の方はノートパソコンを持参し、
プロジェクターに接続して映るかどうか確認を。
なんでも『女を修理する男』上映の際にパワーポイントを製作し、
作品の背景などを解説するようでした。

様子を見てて、なるほどこうすればYOUTUBEなども映るので、
こちらの上映会で上映が始まる前にたとえば予告編などを流せば、
始まるまでお客様は退屈しないだろうな、などと思ってました。
ただWi-Fiの登録とか事前の準備が必要なようでしたが、、、
そもそも担当者はノートパソコンどころかパソコンも持ってないので
まずはそこからだろうと。

『女を修理する男』は2018年ノーベル平和賞を受賞したコンゴのデニ・ムクウェゲ医師の活動を追ったドキュメンタリー映画です。

アフリカンフェスタ!プレ上映会

『女を修理する男』

2019年4月30日(火)

時間

①上映会14:00~16:00(解説13:40~)
②コンゴ・アフリカ音楽講座16:20~17:20
③上映会18:00~20:00(解説17:40~)

会場

アオーレ長岡 市民交流ホールA

料金

前売り:1,000円
当日:1,200円
学生・障がい者・介助:500円
こども:無料

お問い合わせ

【チケット予約】0258(36)3366(お好み焼き花月)
【問合せメール】organicradio@hotmail.com

アフリカンフェスタinながおか2019
https://africa-nagaoka.jimdo.com/

一人の医師の勇気ある行動が世界を動かし4万人以上の性暴力被害女性を治療した。コンゴ人婦人科医デニ・ムクウェゲ医師の命がけの治療を追ったドキュメンタリー。

本作は、暗殺未遂にあいながらも、医療、心理的、そして司法的な手段を通して、婦人科医のデニ・ムクウェゲ医師が性暴力の生存者を献身的に治療する姿を映している。それに加えて、生存者の衝撃的な証言、加害者の不処罰の問題、希望に向かって活動する女性団体、そしてこの悲劇の背景にある「紛争鉱物」の実態も描かれている。

監督:ティエリー・ミシェル 作家:コレット・ブラックマン、ティエリー・ミシェル
脚本:ティエリー・ミシェル、コレット・ブラックマン、クリスティーン・ピロ
2015年/ベルギー/112分 配給:ユナイテッドピープル

http://unitedpeople.jp/archives/2407
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2236-aae88cd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT