FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

午前十時の映画祭10 FINAL



名作をスクリーンで観賞できる貴重な機会だった『午前十時の映画祭』が今期でラストとなったようです。
まだ、あれもこれもやってないではないかという苦い思いがあったりしますが、
時間があってたまたま新潟に用がある時にTジョイ万代へ赴きちょこちょこ通っておりました。
最も『燃えよ!ドラゴン』と『ロッキー』は何はなくとも都合をつけて駆けつけ男泣きした者にとって『プロジェクトA』がラインナップに載らなかったのが残念でなりません。

ファイナルの今期の上映作で市民映画館をつくる会で上映した作品はなんだろうかと調べたら『ローマの休日』『レオン 完全版』『ニューシネマパラダイス』がありました。

『ローマの休日』はNCホール、『ニューシネマパラダイス』は長岡市立劇場といづれもつくる会設立当初に上映した記憶があり、担当者は手伝った覚えはなくただ観に行くだけだったと思うのですが、『レオン』は劇場公開時に新潟シネマで観てムチャクチャ感激した覚えがあるものの、『完全版』の方は長岡で上映していたのかと思った記憶にないひどい有様で、この頃はもうつくる会から足抜けできない状態のハズなのにポスター貼りとかの覚えもないので謎に思いました。
しかし『ニキータ』『レオン』と当時最もカッコ良かった映画作家リュック・ベンソンがまさか、その後に往年のキレもないB級アクションのヒットプロデューサーで満足してるように見受けられるようになるとは。

Tジョイ万代ではオープニングに『未知との遭遇』、続けて『ジョーズ』『ET』とスピルバーグ映画を三レンチャンを敢行。
『未知との遭遇』は終了し現在は『ジョーズ』を上映。
私事ですが子どもの頃、父親は70年代によく映画を観せてくれて、もちろん『ジョーズ』は公開時国民レベルで大きな話題となってて連れてってもらい観に行った記憶が。
『未知との遭遇』に至っては『ジョーズ』の監督だからという理由でこれも連れてってもらいました。
父親は若い頃は裕次郎の日活映画はよく観てたものの、寅さん以外は特に熱心な映画好きという訳ではなく、子どもを他に連れて行く所もないので、話題作を映画館というのが打ってつけだったというのが真相のようで、『ET』の頃になるともう映画もサスガに親離れしてましたが、ビデオ化されたおり借りてきて茶の間にたまたま父親もいたので一緒に見てたら、言っちゃなんですがコドモ騙しに映るんじゃないかと思ってたら最後まで見て深く感動したようでなんというかスピルバーグってやっぱり凄いと。

その父親は現在、病に伏せており寅さんの最新作の公開時には元気になって観てほしいと思ってるところへ今回の『ジョーズ』の上映。
思えばこちらを映画好きにしてくれたきっかけが父親でもあり、『ジョーズ』でもあるので明日はたまたまぽっかりと休日になったので、そんなことを抱きながら一人観に行こうかと。
映画好きにはそれぞれ特別な映画監督がいるかと思いますが、やはりこちらはそれがスティーブン・スピルバーグになるんだろうと。

『午前十時の映画祭10 FINAL』
http://asa10.eiga.com/

この映画祭は『バックトゥザフィーチャー』シリーズで幕を閉じるのもイイかと思う反面、『ラストショー』も良かったのではと、渋すぎますか。
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2239-5dda6633

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT