FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』



「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせておけ
我々は子どもを戦場に送る親たちの味方だ」

最近、シネ・ウインドで映画を観るたびに流れる映画の予告編で流れるこの台詞が強く印象に残ってます。

https://www.youtube.com/watch?v=PweuuM4tJvI

映画のタイトルは『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

アメリカ政府が9,11の後に報復としてイラク侵攻に進む理由として挙げた「大量破壊兵器」の存在が嘘っぱちなことを取材で詰めて裏取りもしながら証明の記事を掲載したアメリカの弱小新聞社ナイトリッダーにスポットをあてた作品。

当時は以前から政権寄りのFOXニュースはもちろんニューヨークタイムズやワシントンポストといった大手新聞社までも政府の広報として追認、後に泥沼と化し多くの戦死者を出したイラク戦争の開始をメディアは止めることが出来なかったと言われても仕方ないハズ。

翻って現在の日本のメディアは政権の暴走を止めようとしているか、政府の広報になってないか、と言われると疑問符がつかざる負えない中で今回『共犯者たち』という映画を知り、それが政府の広報と化したメディアと徹底抗戦をした骨のあるジャーナリスト達を記録したドキュメンタリーと知り、政府の広報と化したメディアに異を唱えたい、この映画を知ったからにはスルーできないという思いが強くなって今回上映会を開催する運びとなりました。

それだけに『記者たち』もぜひ観たいと思いました。
しかしブッシュからトランプになったとはいえ、余計に分断が進んでる状況の中、トランプ政権にとっても目障りと思う本作にウッディ・ハレルソン、ミラ・ジョヴォビッチ、トミー・リー・ジョーンズといった大物が出演することにやはりハリウッドの強みを感じ、本作をイラク戦争開戦時の2003年から映画化を構想していたという監督ロブ・ライナーのこれまでのフィルモグラフィ『スタンドバイミー』『恋人たちの予感』』『ミザリー』『最高の人生の見つけ方』を並べたうえで深い敬意を示したいと思いました。

本作でアメリカの嘘を暴く記者たちを責任持って後押しするワシントン支局長をロブ・ライナー自ら演じ、冒頭の印象深い台詞も映画に責任を持つ監督自ら言葉にしてると知ると余計に強く印象に残ります。

シネ・ウインドで『記者たち』は6月8日から28日まで、イラク戦争を政権側から描いた『バイス』とともに公開されます。

https://www.cinewind.com/line-up/#coming

STORY
2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「大量破壊兵器保持」を理由に、イラク侵攻に踏み切ろうとしていた。新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ジョン・ウォルコット(ロブ・ライナー)は部下のジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)、ウォーレン・ストロベル(ジェームズ・マースデン)、そして元従軍記者でジャーナリストのジョー・ギャロウェイ(トミー・リー・ジョーンズ)に取材を指示、しかし破壊兵器の証拠は見つからず、やがて政府の捏造、情報操作である事を突き止めた。真実を伝えるために批判記事を世に送り出していく4人だが、NYタイムズ、ワシントン・ポストなどの大手新聞社は政府の方針を追認、ナイト・リッダーはかつてないほど愛国心が高まった世間の潮流の中で孤立していく。それでも記者たちは大儀なき戦争を止めようと、米兵、イラク市民、家族や恋人の命を危険にさらす政府の嘘を暴こうと奮闘する…

『記者たち』公式HP http://reporters-movie.jp/

============================

*『共犯者たち』長岡上映会日時 6月28日(金)①15時~ ②19時~
19時の回 上映後  新潟国際情報大学国際学部 吉澤文寿教授講演
「映画で観る韓国民主化の系譜 たたかうジャーナリズムを考えるために」

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2266-4376ee7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT