FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『選挙に出たい』

0senkyonidetai32

『美しすぎる議員』上映会の宣伝しながら、ちょうど参院選の真っただ中になったということで『選挙』、映画『立候補』と続けて思い出しましたが、まだ目にしてない選挙映画が『選挙に出たい』

一昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で評判となり、昨年末にポレポレ東中野で公開されながら新潟上陸する気配がない本作、中国人の李小牧さんが日本に帰化し、国籍を取得。
2015年の統一地方選で、新宿区議選に民主党から出馬した選挙活動に中国人女性監督がカメラとともに密着。

李小牧さんと言えばベストセラーになった『歌舞伎町案内人』の著者、この本を当時読んでいたので久しぶりに李小牧さんの名前を思い出しました。
留学生として来日しながら歌舞伎町の魔力に取りつかれたかのようにヤクザ、チャイニーズマフィア、警察が跳梁跋扈する中をしぶとく立ち回りながら歌舞伎町案内人として日々、訪れた観光客達を表も裏もおもてなしをし、特に印象的だったのがお忍びで一人で来たチャン・イーモウ監督を見つけてガイド。
ムッツリスケベの代表のような顔を持つ世界の巨匠は何に惹かれて歌舞伎町にやってきたのか大変興味深く思いました。

現在はシネコンが独占してるようですが、担当者もまだこの頃の歌舞伎町は新宿プラザを筆頭にしながら、その周辺に中小の映画館が乱立し、中には香港映画やハリウッドのB級映画、ちょっと気取ってシネマスクエアとうきゅうなど一日中、歌舞伎町で映画をハシゴしてた時期があり、確かその頃に案内人として路上に立つ李小牧さんを目にし、あっホントにいるんだなんてことを思ったりしました。
かと言ってガイドしてもらおうとまでは思わなかったものの、一言「本読みました」と伝えても良かったのではないかと。

中国では当然、選挙に立候補などできずにいて、当選すれば外国から来た自分が当選したら日本の民主主義を証明と
映画は歌舞伎町で選挙活動をしながらも、罵声を浴び差別を受ける李小牧さんも記録されてるらしく、そりゃ悪い外国人は土地柄いるだろうけど選挙に出馬する中国人まで罵られるとはと歌舞伎町は外国人受け入れが他より先に進んでるだけに多様性に富んでる印象でしたが、そうでもないんだろうかと関心を持ちました。

ここで『美しすぎる議員』を無理やり持ち出して、こちらの舞台は撮影された茨城というより地方都市という設定の中で非正規労働者、DV、貧困、LGBTという現在日本の課題となってる問題のマイノリティの当事者たちと問題解決に踏み出すヒロインの奮闘が描かれてますが、これから日本の大きな課題となると思う外国人労働者については言及していなかったので、もし続編ができるとすればそういった課題も取り入れてほしいと思いました。
担当者はわりとベトナムや中国からの研修生(こう呼ぶのはどこか違和感が)とお仕事をよくするので異国からよくこの地に来て逞しく生きていることに感心しながらも、立ち行かなくなる研修生も中にはいると思うので川村ゆきえ様はどのように寄り添うのかを観てみたいと思ったりします。

================================

歌舞伎町の案内人として一躍有名になった李小牧。
なぜ帰化してまで日本で政治家をめざすのか?
もうひとつの視点で見たニッポン選挙ドキュメント!

中国から日本へやって来て初めて向かった先が新宿歌舞伎町。以後20年以上、外国人観光客 を相手に飲食店や風俗店の案内役を務め、著書も出すなどいまや”歌舞伎町案内人”として知られる存在となった李小牧牧(り・こまき)が、新宿区議選挙に出馬することを決意。ヤクザを後ろ盾に、刑事を友にして、変貌を続ける歌舞伎町地下社会を驚異的なしぶとさで生き抜いてきた彼が、これまでの地位や国籍を捨て、日中関係も揺れるなか、批判と罵声覚悟でなぜ日本で政治家をめざそうとするのか。

言葉や習慣の壁にも苦労し、終始ドタバタ気味で展開する李の選挙活動に、日本在住の中国人女性監督・邢菲(ケイヒ)が密着。果たして李の思いは叶うのか。そして彼や監督自身が感じた「ニッポン」「民主主義」とは??

『選挙に出たい』公式HP https://kiroku-bito.com/election/

================================

*『美しすぎる議員』長岡上映会日時 8月23日(金)①19時20分~
上映後、五藤利弘監督トーク

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

*しかし今回の記事を書くためにシネマスクエアとうきゅうをググったら、もうすでに閉館されていたとは、、、                                                                                                                                                      
スポンサーサイト



| 未分類 | 12:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2320-10f025f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT