FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バックスクリーン その後のことなど



星野和之‏ @bkshoshino

月の給料が振り込まれていなかった。当時レギュラー番組をやっていたので手違いだと思ってと吉本の社員に電話すると 「金の事で文句言うなら辞めていい。生活費は親から借りたらいい」 12年間所属した吉本興業を昨秋やめた時の最後の電話です。
23:08 - 2019年7月19日

https://twitter.com/bkshoshino/status/1152505474085838848

昨日、芸能界に激震が走った宮迫博之と田村亮のいわゆる闇営業への謝罪会見。
浮き彫りになったのは吉本興業のブラックさと社長のパワハラ、聞いてて反社はどちらなんだと誰もが思ったのではないかと。
おそらく会見を見ていた元バックスクリーンの星野さんが冒頭のブラックなつぶやきをツイッターに書いたところ、瞬く間に拡散して現在37,000もRTされています。

奇しくも9月7日のながおか市民活動フェスタで星野さんが大谷哲也さんとコンビを組んでたバックスクリーンが出演した『冬のアルパカ』
そして吉本興業の地域発信型映画で十日町ロケの『雪の中のしろうさぎ』を上映するので、いろいろと思い出しました。

第16回長岡アジア映画祭で『雪の中のしろうさぎ』を上映と主題歌を歌うスネオヘアーさんのライブを実現するために東京の吉本の方の協力をいただきましたが、この方のパワハラが凄くて一時期ノイローゼ寸前まで病んだことがあり、会見の中の吉本の社長の発言を知って当時がぶり返してきました。そういう企業体質なんだろうと納得できるものがありますが。

並行して吉本住みます芸人としてバックスクリーンが背水の陣で新潟入り、合わせて新潟に事務所を持ち映画祭でMCを担当することになり、新潟の吉本の方と打ち合わせをしなくてはならず、東京の吉本の人の怖さが身に染みたので恐る恐るお会いしたら新潟事務所の所長もバックスクリーンのマネージャーさんも大変親切で素敵な方だったので同じ吉本でもこんなに違うのかと驚きました。
マネージャーさんは新潟出身でまだ若く腰の低い方でしたが所長さんの方はのっぺりした関西弁を話しながらも、かつて明石家さんま師匠とも仕事をし信頼を得ている方のようで、たぶん吉本の裏表を知りながらもものすごいやり手なんだろうなぁと口ぶりから思いました。

映画祭後もバックスクリーンさんの『冬のアルパカ』への出演を快諾いただいたりとお世話になりました。

その後、担当者がいろいろあってずっこけ落ち込んでいた時にこの4人からありがたいことに新潟の当時あったアイドル居酒屋へ誘っていただき激励いただいたことはたぶん忘れることができないと思います。あの時はただただ感謝でしかなかったです。

その時、所長さんからこちらが塞ぎ込んで最近映画を観てないと話すと
「それはダメでしょう、こんな時こそあなたが映画を観ないと」という趣旨で励ましてもらいウッときました。

当たり前ですが、あんな大きな会社だから素人に恫喝まがいの言葉を投げる人もいれば、落ち込んでるものを励ましたり、芸人さんに暴言を吐いたりと、いろんな人がいるんだろうと。
ただここ最近の吉本の政権べったりは変に思っておりましたが。

所長は名古屋へ、マネージャーさんは東京へといづれも栄転したそうですが、特にマネージャーさんは真面目な性格だけに東京で元気にやってるんだろうかと時折気になってます。元気でいるとイイですが。

バックスクリーンのお二人も解散。
担当者はワンマンライブを観に行ったことがあり、かなり野心的なコントでとても面白かったものの、ネタつくりに十分時間をかけないと難しいように思い、その後売れっ子となって多忙を極めると、やはりネタつくりの時間が失せていくように思いました。
解散は惜しかったです。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-902.html
↑もう4年前になるのか、同じく市民活動フェスタで『雪の中のしろうさぎ』を上映した際、星野さんが五藤監督の相手役をしていただき上映会を盛り上げていただきました。
この時、もう解散を発表していましたが画像のマネージャーさんを含む3人の笑顔はなんだか、もう見れないと思うと余計にさびしく思います。

いつの間にか星野さんは吉本を辞めてフリーになり、背景に冒頭のいざこざもあったのかもしれませんが、担当者によくしていただいた吉本の4人の今後の活躍も願っております。

そんなことを思いながら今年『雪の中のしろうさぎ』と『冬のアルパカ』を上映するんだろうと。

画像は2012年だからもう7年前になるのか。
励ましてもらった時のもの。撮影したOHANAももうありません。
スポンサーサイト



| 未分類 | 18:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2327-6c0a87f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT