FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アナザーストーリーズ 「香港パワー!ジャッキー旋風 世界を駆け巡る」



この男の辞書に“恐怖”という文字はないのか?その驚異的なアクションに世界が熱狂したジャッキー・チェン。彼を生んだのは返還前の自由と混沌の香港。ジャッキーを苦しめたブルース・リーの呪縛、スタント無しの命知らずのアクションにこだわるわけは?そして日本映画に受け継がれるジャッキーの遺伝子。共演者が初めて明かす「プロジェクトA」の舞台裏、そこには歴史に翻弄されてきた香港人ならではの苦悩と誇りがあった!

https://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2019-08-06/10/29425/1453127/

これまで「クラッシュギャルズ」「アブドーラ・ザ・ブッチャー」とプロレス好きの琴線に触れた特集を組んだBSプレミアム「アナザーストーリーズ」
明日21時からの特集はジャッキー・チェン!

解説文と予告編を見る限り香港とジャッキーを中心に組んでるようで、世界制覇し北京に拠点を移して全く香港を省みなくなったジャッキーに他人事のように接してる担当者はそうじゃないだろジャッキー、香港といえばジャッキーだろと強い信念を持っているのでこの機にジャッキー・チェンと香港を再考察する機会だろうと思っています。

奇しくも今年はジャッキー主演作『スネーキーモンキー 蛇拳』が日本公開されて節目の40周年。
先ごろ新宿の劇場で代表作『ドランクモンキー 酔拳』がリバイバルされて往年のジャッキーファンが多数駆けつけ初期のジャッキーに再び関心が集まってるなかでピッタリのタイミングで放映されることもうれしいです。

それとこの番組でジャッキーへの証言者の一人に谷垣健治監督が登場
画像を見ると相変わらずの童顔ですがジャッキーに憧れ香港に渡ってスタントマンからアクションスターになるハズが、
裏方として日々精進するうちに次第にアクション指導者として頭角を現して引っ張りだこに。
ついに『るろうに剣心』のアクション監督として日本の時代劇を一新、三作目の『るろうに剣心 伝説の最期編』のクライマックスに『プロジェクトA』をモロに引用してジャッキーの多大な影響を自身の作品に織り込めるという偉業を成し遂げてたのは嬉しかったです。

昨年、担当者がエキストラ出演に参加した谷垣健治監督、ドニー・イェン主演作『ENTER THE FAT DORAGON』は
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1830.html
てっきり今夏に中国大陸で公開かと思ってましたが、まだそんな気配はなくいったいどれくらい焦らすのか、その間に谷垣健治監督は原作者があーなってしまいながらも『るろうに剣心』の最新作それも二作のアクション監督を担当、そのほかにもまたもドニー・イェンの新作のアクションを手がけたりと無茶苦茶忙しいようですが、それもジャッキーへの憧れが出発点と思うと今回の『アナザーストーリーズ ジャッキー・チェン』の谷垣健治監督の一言一句を聞き逃さないようにしたいと思います。
しかし『ENTER THE FAT DORAGON』の完成はいつになるのか、、、
スポンサーサイト



| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2342-328d602e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT