FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弁護士という生き方~LGBTsに関わるということ~

©Nanmori Films

11月9日(土)『愛と法』上映の後に「弁護士という生き方~LGBTsに関わるということ~」を演題にお話いただく黒田隆史弁護士に先日、はじめて挨拶にうかがいました。

今回、ウィルながおかフォーラム参加イベントということでLGBTについてお話しいただける方を探していました。
ちょうど他市でLGBTがテーマの邦画上映と共に大学の先生の講演会が開かれると知り参考までに、あわよくばこの先生にお話いただこうと駆けつけましたが、正直いかにも大学の先生の講義という印象で聴講し退屈に思いました。
さらに映画上映の後でなく上映の前なので映画と絡めての講演でなかったのも不満に思い、
これは他の人に頼んだ方がいいと思いました。

そこでお世話になってて顔の広いシネ・ウインド支配人に相談したところ、
新潟市の弁護士をご紹介していただき、事情をこの弁護士さんに伝えたところ
うってつけの人がいるとメルアドをご紹介いただいたのが黒田隆史弁護士、しかも長岡在住と知って驚いてました。

黒田先生の事務所は普段よく通る道沿いにあり、
すぐ目の前の小さな公園は春はちょっとした桜の名所で、
こんな近くに協力いただく弁護士さんがいることに不思議な縁を感じたりしました。

初対面の黒田先生は物腰のやわらかい方で話しててほっとしました。
こちらはLGBTについてできたらわかりやすくお話いただいたことと、
映画を観ていわゆる草の根弁護士の日ごろの活動を理解できたことを伝えたら、
メモを取りながら聞いてた黒田先生からは的確な質問をいただき、
こちらはそれに応えることでうまく会話はテンポよく進めることができました。
またLGBTに関する法教育も積極的に高校生相手に講義を広めてるなど話していたので、
ぜひそれも講演の中に触れていただけないかとお伝えしました。

黒田弁護士は学生時代に何度か山形国際ドキュメンタリー映画祭に足を運び、
今はさすがに忙しくてなかなか映画館に足を運べることができなくなったそうですが、
それでも山形に通いつめてたほど映画に理解を示す映画ファンなので、
ぜひともご期待をいただければと思います。

「弁護士という生き方~LGBTsに関わるということ~」という演題は黒田弁護士から決めていただきましたが
LGBTの次にsが付いてるので、そのsの意味を知ると、、、

◎ 『愛と法』長岡上映会

日時 11月9日(土) 10時30分~ 『愛と法』上映
    上映後 黒田隆史弁護士講演 「弁護士という生き方~LGBTsに関わるということ~」

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

プロフィール

1978年生。長岡高校、早稲田大学法学部、早稲田大学大学院法学研究科、北海道大学法科大学院卒業。
2009年弁護士登録、新潟県弁護士会所属、新潟県弁護士会レインポープロジェクトチーム座長。


予告編 https://www.youtube.com/watch?v=fL4EIJIhGdY

『愛と法』公式HP http://aitohou-movie.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 18:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2387-17742166

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT