FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

青原さとし監督 『赤倉ホテルの念佛ばあちゃん~有縁講のあゆみ~』



民映研出身・青原さとし監督は以前、長岡アジア映画祭にて『土徳 焼け跡地に生かされて』『雪国木羽屋根物語』を上映しました。
『雪国木羽屋根物語』の主人公で木羽屋根職人の倉重徳四郎さんはその後、小林茂監督『風の波紋』に登場、
さらに『風の波紋』の主人公・木暮茂夫さんは『雪国木羽屋根物語』では倉重さんのお弟子さんとして、その姿を確認できたように思います。
『土徳流離~奥州相馬復興への悲願』に続いての新作『赤倉ホテルの念佛ばあちゃん~有縁講のあゆみ~』が完成。
この度9月28日より高田世界館にて公開されるのでご案内します。

『赤倉ホテルの念佛ばあちゃん~有縁講のあゆみ~』

高田世界館のある上越市のお隣、妙高市が舞台!
優しさとユーモア溢れる‟おばあちゃん”をめぐるドキュメンタリー!

☆9/28(土)上映後に青原さとし監督によるトークあり!

▼あらすじ
慶応元年、岐阜県の信仰心の篤い家に生まれた平井ショウは東京に嫁いでもお寺参りを欠かさなかった。昭和19年、娘・静枝の嫁ぎ先である妙高市の赤倉ホテルに疎開したショウは越後の寺々を転々と参り、「念佛ばあちゃん」として親しまれる存在となった。そんな母への恩返しから、静枝は毎年秋に赤倉ホテルを一ヶ月開放して報恩講を勤める「有縁講」を始める。
本作は、ショウさんゆかりの地域や人々に取材を敢行し、赤倉温泉郷の歴史や60周年を迎えた「有縁講」の現在を織り交ぜながら、どこにいても信心を忘れなかったショウさんが結んだ絆を描いたドキュメンタリーである。

▼公開期間:9/28(土)〜10/11(金) ※火曜定休

▼上映時間:9/28(土)→14:15、9/29(日)→13:15、9/30(月)〜10/6(日)→10:00/14:40、10/7(月)〜10/11(金)→10:00/16:40

▼料金:一般1500円/シニア(60歳以上)1100円/大学生1100円/高校生以下800円

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=d0lsY61TJck

HP http://takadasekaikan.com/archives/9442
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2388-4e9c56e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT