FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ほりかわひろき主演『ミドリムシの夢』



昨年の座C!nemaは原田裕司監督、田村専一監督特集が目玉となり二人の異才の代表作が上映された中、原田監督『冬のアルパカ』、田村監督『あり。』『ホリメンタリー』の出演者で燕市出身・ほりかわひろきさんもやってきてギターの弾き語りも披露し大活躍でありました。 
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2069.html

『冬のアルパカ』でヒロインの派遣先の元締めを演じ、仕事を終えた仁後さんを褒めたたえながら、お給料を渡す際にハンコを忘れたと知ると一瞬にして情け容赦なく鬼の形相となり仁後さんを追い詰める姿。
『あり。』では一転、あのゴツイ風貌(失礼)でトランジェスターを真摯とバカを入れ違いにし熱演ながら。あれよあれよと物語に引き込まれてしまいました。
そして何年来の信頼関係を得ている田村監督が被写体としてカメラを向けほりかわさんのルーツを辿るために越後路を疾走する『ホリメンタリー』の直の表情、姿にちょっとほろりときたりしました。

いづれの作品もまるで別のほりかわさんがいたことに改めて驚きますが、
そのほりかわさん主演作が明日より池袋シネマロサで公開されるのでご紹介します。

真田幹也監督『ミドリムシの夢』
通称ミドリムシと呼ばれる駐車監視員という地味な職業をテーマにしたインディーズ映画ながら、レイトショーとはいえ池袋シネマロサのスクリーンで公開されるのは、それだけのレベルに達してる映画なんだろうと思ったりします。

昨年ほりかわさんと話してた中で上京しても無論そう簡単に食えるわけではなく、トラック運転手をしながら俳優を続けてきたことを聞き、やっぱり続けてきた人は強いもんだと心底思ってましたが、その積み重ねの上で主演作が劇場公開されると聞いて、これまでのほりかわさんの生き様が全て報われると思いました。

おめでとうございます!

ほりかわひろき主演『ミドリムシの夢』は明日11月16日から池袋シネマロサで公開されます!!

INTRODUCTION
「ミドリムシの夢」は、“ミドリムシ”とも呼ばれる緑色の服を着た駐車監視員という職業をテーマに、「爽やかではない」おじさんが主人公の青春映画である。演出家・蜷川幸雄氏の元で修行を積み『オオカミによろしく』にてちちぶ映画祭グランプリを受賞した新鋭・真田幹也による初長編作品。脚本はハロープロジェクトや新劇の舞台などを手掛ける太田善也、音楽はタカタタイスケ(PLECTRUM)が担当。駐車監視員を演じるのは『スペシャルアクターズ』の富士たくやと『おっさん☆スケボー』のほりかわひろき。共演は今村美乃、吉本菜穂子、佐野和真、歌川椎子、仁科貴、長谷川朝晴、戸田昌宏、数々の作品で活躍中の演技派・個性派俳優陣が集結。全く異なる4つの事情からなる、現状から「変わりたい人たち」のとある一晩の話を疾走感をもって描く、日本初!?とも言える駐禁コメディがここに誕生しました。
STORY
2人組で駐車違反を取り締まっている駐車監視員(ミドリムシ)のマコトとシゲ。2人は毎日のように、ミドリムシ!税金泥棒!と罵られている。真面目なマコトは女子供構わずに厳しく取り締まるが、一方のシゲは女に弱くいい加減。そんな凸凹コンビの2人に、深夜勤務の話が舞い込む。とある夜、駐車違反を見つけ通常通り違反切符を切った2人は予期せぬ事件に巻き込まれていくのであった…。

公式HP https://www.midorimushinoyume.com/

ついでにほりかわさんの魅力がたった5分弱に凝縮されてる傑作『おっさん☆スケボー』
https://www.youtube.com/watch?v=eX4ErYXQXYk&t=13s
スポンサーサイト



| 未分類 | 06:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2450-6c33e934

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT