FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

It’s just the beginning /まだこれからだ


(C)2016 Ying E Chi All Rights Reserved.

香港デモ、勢いやまず 「国際社会と一緒に圧力を」

香港で8日、呼びかけられた抗議デモは主催者発表で80万人(警察発表18万3千人)に達した。
民主派が圧勝した11月の区議選に続き、「我々の声に向き合え」という強い民意が示された形だ。人々はどんな思いで集まり、声を上げたのか。
デモ行進の出発地点となった香港島中心部のビクトリア公園。行進が始まる午後3時(日本時間同4時)の1時間ほど前から、黒いTシャツ姿の参加者たちが続々と集まってきた。
この日のデモは、主要民主派団体「民間人権陣線(民陣)」が呼びかけた。民陣のデモが警察に認められたのはほぼ5カ月ぶり。6月9日の103万人、同月16日の約200万人(いずれも主催者発表)より減ったとはいえ、約80万人は警察に許可されたデモ行進では3番目の規模だ。
7月以降、抗議活動が激しさを増すなか、しばらく街頭に出ていなかった人たちの姿も多く見られた。
中学2年生の男子生徒(13)は、区議選直後に米国で「香港人権・民主主義法」が成立したことを踏まえ、「国際社会の注目が集まっている今だからこそ、今日のデモを絶対に成功させたいと思って来た」。19歳の男子大学生も「国際社会と香港世論が一緒に圧力をかければ、香港政府や中国の態度が変わるかもしれない」と、期待を込めた。
 
https://www.asahi.com/articles/ASMD902JSMD8UHBI014.html

昨日12月8日に最初に大規模なデモを決行した6月9日から半年ということで、11月の区議後初の警察の許可を得たデモが敢行。
幸いにも警察との大きな衝突はなかったようで80万人が参加し気勢をあげたようです。
以前にも書きましたが5年前の雨傘運動は長期化するに連れて市民の理解を得られず収束。その結果を踏まえて今回の民主化デモは長期に渡り、区議会選挙の民主化勝利も追い風となって今も多数の市民の支持を経て、これだけのデモを敢行できるのは圧巻に思いました。
現在、『主戦場』とともに『乱世備忘』の紹介に回っていますが、映画は知らなくても香港デモの映画というと感心を持ってくださる方が多いです。さすがに連日までいかなくてもテレビのニュースで取り上げられるのが多いので浸透してることを実感します。
チラシからの引用で
“79日間に及ぶ「雨傘運動」は終了した。残ったバリケードには、「It’s just the beginning /まだこれからだ」というメッセージが残されていた。”
このメッセージは現在を予言したものではないかと。

ついでに昨日の記事にあったように12月8日は真珠湾攻撃が決行、無謀だった日米開戦の幕開けとなりましたが、同じく1941年12月8日に日本軍は香港にも侵攻、やがて陥落させてしまうのですが、この頃を描いた香港映画にチョウ・ユンファ主演『風の輝く朝に』という名作があるので思いだしたりします。

==================================

◎ 『主戦場』長岡上映会

日時 12月22日(日) ①10時30分~ ②14時~
   
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

*『乱世備忘 僕らの雨傘運動』長岡上映会 
日時 12月22日(日)17時~
  
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2475-b9ab05c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT