FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本政府、東日本大震災追悼式やめるってよ



東日本大震災の政府主催追悼式中止へ 新型コロナ感染拡大で
毎日新聞2020年3月3日 23時07分(最終更新 3月3日 23時07分)

政府は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、11日に予定する政府主催の東日本大震災9周年追悼式を中止する調整に入った。当初は規模縮小を検討していたが、感染者数が増加を続ける中、安倍晋三首相が大規模イベントの縮小を自ら呼びかけたこともあり、政府が率先して感染拡大防止に取り組む姿勢を示す必要があると判断した。これまでのような式典は行わないが、首相や秋篠宮さまが何らかの形でメッセージを出すことを検討している。

 首相は2月26日に、大規模イベントについて「今後2週間は中止、延期、規模縮小の対応を要請する」と表明。首相は翌27日には全国の小中高校に一斉休校を要請するなど、感染のリスクがある多数の人が集まる機会を作らない対応を進めている。

 政府は震災翌年の2012年から、政府主催の式典を東京都千代田区の国立劇場で開いている。例年、被災者や遺族、政府関係者ら1000人前後が参列し、一般からの献花も受け付けている。政府は今回の式典について、当初は参列人数や献花を制限しながら開催する検討をしていたが、これまでのような式典は見送る方向に傾いた。【野口武則】

↑連日、報道は笑えない喜劇と化した中、
昨日付けだけど本日目を疑ったニュースです。
2011年3月11日に発生した東日本大震災の死者・行方不明者数は約18000人だそうです。
勿論、各自各々の場所で追悼すればいいことでしょうが、
割り切れないのは震災からまだ9年しか経ってないのに日本政府として追悼式を開かないと、
これまでの価値観がひっくりかえった震災で亡くなった膨大な数の人たちを悲しみ、偲ぶことをそんな簡単に国として追悼式を開かないと決めてしまうものなのかと疑問が沸いて沸いておかしくなってます。

新型ウイルス感性拡大を防ぐために大人数での開催は中止。最もだと思います。
それならば天皇、総理、そして遺族の方を数名お招きしてでも、感染防止に万全を尽くした中で
最低限小規模でも政府は開催し、ネット中継をすればこのご時世、皆さんは納得できるのではなないでしょうか。

確か10年を区切りとして政府主催の追悼式は以後開かないと、ついこの間のたまわった時も
あれだけの大震災を10年で区切るのは変に思ったものでしたが、
国難のただ中とはいえ9年でいくらでもやりようがあるのに中止というのは、
亡くなった方々への誠意を示すことなくをこの程度でと思われても仕方ないだろうに。

唐突に1作目『ゴジラ』を思い出すのは昭和20年の敗戦の年から9年後に『ゴジラ』は封切られましたが、
当時観た観客は放射能を放ち大都市を蹂躙していくゴジラは、
ほんの9年前の戦争、沖縄の地上戦から東京大空襲をはじめ長岡含む各地のB29の大空襲、そして広島、長崎の原爆投下等の再来の悪夢としてリアリティを持ってゴジラに慄いてたんだろうと。
僅か9年前の東日本大震災と、昭和29年から僅か9年前の敗戦までの道程を重ねて思います。

余談ですがハリウッド映画『ゴジラ キングオブモンスターズ』でゴジラにまるでドーピングを打つように核兵器を投入するのを観て、この監督はゴジラヲタクという触れ込みながら、まるでわかってないことに呆れました。
キングギドラの持ち腐れとなったのは当然かと。

3,11の惨禍で感じた絶望と未来への不安は体験したほとんどの人たちが共有できるものとして残ってるハズ。
当時の3,11をきちんと検証せず、目をつぶったことが今の3,11を思い出させる事態となってる、でないと先手先手と言いながら誰が見ても後手後手、なんの反省も責任も取らず、戦後最悪の権力者がこのノリで今以上にやりたい放題やることが可能な『緊急事態宣言』などと言われては、たまったものではありません。

================================

*『祝の島』上映と纐纈あや監督トーク 
(状況を注視しながら開催準備を進めています)

開催日時 2020年3月14日(土)
18時~ ウィズコーションLIVE
18時30分~ 『祝の島』上映 (105分)
20時15分~ 纐纈あや監督トーク (約30分)
主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 21:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2563-42e87bd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT