FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3月14日 『祝の島』上映と纐纈あや監督トーク お客様の感想



3月14日 『祝の島』上映と纐纈あや監督トーク

来場いただいたお客様のアンケートより抜粋して掲載します。

*今、私達が忘れかけている豊かな生活を見たような気がします。
原発問題に本気で向き合っている島民のみなさんに頭が下がりました。
人を分断させ闘わせるような原発が人を幸せにできるはずがありません。
みんな仲良く平和の中で生きていけることが、一番の幸せです。
島民の方々の笑顔がとても良かったです。
 お疲れさまでした。よくぞ上映してくださいました。ありがとうございました。
私は魚沼で「柏崎・刈羽原発を考える魚沼市民の会」をしています。
2月に“福島は語る”の映画上映を2日前になって中止してしまいました。
苦渋の決断でした。
福島の原発事故を風化させないように、お互い頑張っていきましょう。(60代・女性)

*冒頭の演奏、とても良かったです。いい音でした。
 町内だが離島。海によって生きている人たちの日常だからこそ訴えるものが感じられました。
推進も反対も人の心理は同じに共感します。
スタッフ・会場はあたたかい雰囲気でリラックスできてよかったです。 (60代・男性)

*祝島の方々が明るく生きている様子がうれしかった。
自然と共在し、自然の恵みへの感謝を忘れずに孫子のために産みを守ろうとする生き方がステキで感動的でした。
 スタッフ・会場は消毒や換気など気を配ってくださりよかったです。(50代・女性)

*幸せとは何か、豊かさとは何か、人間の生き方とは、、、を考えいました。
「自分も恵を受けて大きくなった。これを子・孫につないでいかないと。」
「賛成の人も命をかけて賛成と言え」
「人間はこの地球では新参者」
胸に響く言葉がたくさんビシビシ響きました。ありがとうございました。
日常の幸せが国によって壊される。
人々が分断される、争いに時間を奪われる、と感じました。  (50代 男性)

*島の人達が何を大切にしているか。
海、山、生活を次世代に残したい - 良く判った。
これからも注視したい。     (70代・女性)

*1982年からずっと原発反対運動を続けていること。その強い想いに本当に驚きました。
おだやかな日常の暮らしとその海と海上や座り込みでの反対運動の姿、表情の対比がとても印象的でした。
祝島のおじいちゃん、おばあちゃん達の未来をみすえ、未来のため、次世代のために選択し続けてきた言葉と姿、その生き方に胸を打たれました。本当にすてきな方々でした。
監督のトークも映画を作るに至った想いと現在もつづく原発問題について知れてとても良かったです。
 すばらしい映画の上映をして下さり、ありがとうございました。 (30代・女性)

*①第一部の歌 実際に行った場所もあるので昔日の景が浮かんできて感激。
②山口にも友人がいるので祝島のPC内容を事前に調べておいたので、映画も興味を持って観ました。
関西電力の件も東日本(福島)、鹿瀬、実際頭にきてます!!
会場が少し温度が高い思いで参りました。
スタッフの方々は皆さま感じよく参加できました。
年齢的に夜間外出は交通機関(電車)のこともあり季節的に無理のこともあります。(80代・男性)

*原発反対 20年以上の精神力、島民一丸となって、とても素晴らしい映画でした。
ユーモアもあり良かったです。
私たちも見習いたいです。柏崎は反対です。
とてもきれいな会場でおどろきました。

*極力説明をおさえた映画は、その一瞬一瞬、断片断片が観る人それぞれの人生と重なり合うような気がしました。
祝島の暮らしは自然と共存していく、これからの生き方のヒントのようでもあり、その暮らしを投げうって長い長い期間、反対運動をしている事を改めて、なんて辛いことだろうと染み入りました。
このような状況の中、開催してくださりありがとうございました。
細やかな配慮に感激しました。 (40代・女性)

*祝島の人々の日常、暮らしぶりから伝わる、人間の本当の豊かさ!文化!
改めて思い知らされました。
「妨害行為は違法行為です」の呼びかけに
「お前らがやっていることは違法以上じゃ!」と返す。
体からほとばしり出る言葉に感動してました。
そんな風な人間に私もなりたい。
 コロナウイルス対応の中でたいへんな思いで上映会を実施されたスタッフの皆さんの判断と力に感謝です。(70代・女性)
スポンサーサイト



| 未分類 | 06:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2578-3c81b35c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT