FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カーテンコール



昨日、佐々部清監督の訃報を知りました。
これを書いてる今、死因は不明のようですが、まだ62歳だと知って驚きました。
もう大ベテランの域でもっと年上かと思ってたから、尚のこと惜しく思います。
亡くなる前までSNSを更新と
検索してみたらツイッターの最後の更新が以下のもので、
https://twitter.com/K_Sasabe/status/1244215318173503488

やはりこちらが想像してた通り、骨のある監督だったのかと。

佐々部清監督と言えば担当者が心底感激してしまった青春映画『チルソクの夏』を第一に挙げたいです。
下関の陸上部の4人の女子高生と韓国の少年との淡い恋を主軸にして、
ヒロインの父親役で流しの山本譲二の後ろ姿に泣けてしまう1本。
上野樹里がこの映画でブレイクしてしまいましたが、今もあの4人娘の生き生きとした輝きは脳裏に刻まれます。

それでパンフも買ったらこの監督はチーフ助監督として鳴らした方とあり、
助監督時代に『鉄道屋(ぽっぽや)』も手掛けたそうで、奇しくも先ごろ亡くなった志村けんさんと接点があったのかと。

他に広島への原爆投下をテーマにした『夕凪の街 桜の国』では被爆者の麻生久美子が投下したアメリカへの憎しみを静かに語ってるシーンを観ながら戦慄を覚えた記憶が。

市民映画館をつくる会の上映会で2006年に長岡市立劇場で佐々部監督の5作目『カーテンコール』の上映会を開きました。
わりと地味な作品ですが、たぶん映画館が舞台ということで上映を決めたんじゃないかと思います。
正直、お客さんの入りは良くなかったように思いますが、
佐々部監督はこちらの依頼に応えてお客様へのビデオレターを送ってくださいました。

メジャーな映画でヒットを放つ反面、地味でも質の高い作品を手掛けていたので、
たぶん自主上映会に対して心意気で応えてくれたと思います。

その節はありがとうございました。

『大綱引の恋』ぜひ観たいと思ってます。

イルカ 「なごり雪」
https://www.youtube.com/watch?v=ThR0TEa24Zc

↑『チルソクの夏』エンディング
スポンサーサイト



| 未分類 | 06:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2591-b4b991d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT