FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わたしの“A MOVIE”ベスト30



ご冥福をお祈りするのは当然だが、大林宣彦監督を追悼したり思い出として語るのは尚早だ。
真の感謝と尊敬を捧げるのは、公開を待つ世界映画史仰天必至の最新作(遺作ではなく)を映画館で観て、
本当に映画そのものとなり永遠の命を手にした監督の姿に涙してからにして欲しい

江戸木純(JUN EDOKI)

https://twitter.com/EdokiJun/status/1248935005436301314

江戸木純先生が最大の敬意を込めて偉大な映像作家・大林宣彦を称賛し、
新作『海辺の映画館 キネマの玉手箱』を必見と書いてるのを読みながらも、
本当に僭越、野暮と思い大林宣彦監督の自分のベストテンってなんだろかと、
フィルモグラフィを眺めながら観賞した作品1本1本に思いを巡らせて
選んでたらとても10本でまとめることなどできませんでした。
以下、わたしの大林映画30本。

時をかける少女
青春デンデケデケデケ
さびしんぼう
ふたり
はるか、ノスタルジィ
理由
転校生
野ゆき山ゆき海べゆき
北京的西瓜
異人たちとの夏
転校生 さよならあなた
HOUSE
風の歌が聴きたい
廃市
なごり雪
その日のまえに
ねらわれた学園
姉妹坂
この空の花 長岡花火物語
野のなななのか
水の旅人 -侍KIDS-
告別
.あの、夏の日 〜とんでろ じいちゃん〜
日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群
彼のオートバイ、彼女の島
漂流教室
三毛猫ホームズの推理
四月の魚
So long!

以上、ベスト30となりましたが、
1位は昔も今もこれからも永遠に『時をかける少女』になりながら、
2位となると『デンデケ』から『異人たちとの夏』までが、
その日の気分によって2位になるハズなんで、とても順位づけなどできない有様、
辛うじて12番目の『転校生 さよならあなた』からが順位となりますが、
もはやそんなことをしても無意味なように思っています。

元祖インディーズ、異業種監督の先駆け、手がけたアイドル映画はその後の邦画の一大ジャンルとなり、
古里映画は町おこし(大林監督は町守りと)のお手本として、
ついでにいえばやたらと10代の女優さんを脱がしてたことも避けて通ることはできず、
さらに監督自らメディアに進んで登場し映画をアピールするなど生涯に渡って実験精神とパイオニア精神を貫き、
後に続く映画監督たちに多大な影響を与えた『大林ワールド』
本当にその業績を称賛しても称賛しきれない唯一無二の偉大な映像作家、
担当者は80年代からはリアルタイムで観てきたばかりか、何度か実際に目の前に現れた唯一の巨匠でありました。

ただし戦争を知る世代の監督が次々と退場していくなかでの使命感から
デジタル撮影を導入した『この空の花』から矢継ぎ早に、
がんを告知されても反戦映画を撮り続けた尋常でないパワーにも圧倒される思いでしたが、
どこかで大林版『禁じられた遊び』を撮ってもらいたかったという思いは叶うことが出来なかったのは悔やまれます。

画像の『ふたり』のパンフレットにサインを書いていただいた1991年8月9日、
長岡のNCホールでの講演会で聴いた壮絶な自身の戦争体験は、
その後に封印したと聞きましたがぜひ映画化してほしかった、と。
訃報を耳にした時は真っ先にそんなことを思いました。
恭子プロデューサーが語るように次回作のロケハンに旅立ったと思うことにして、
本当にお疲れさまでしたとありがとうございましたと、この場を借りて。
スポンサーサイト



| 未分類 | 06:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2608-bcecbf61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT