長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メディアをつくる 「小さな声」を伝えるために

book2 メディアをつくる

「メディアをうらむな、メディアをつくれ」
1970年にイタリアの「自由ラジオ」運動で広がった言葉を最後に紹介した
白石草OurPlanet-TV代表の著作。

大手テレビ局の報道ディレクターを目指しながら、
現場で見たさまざまな疑問と折り合いがつかず、
自身でネットメディアOurPlanet-TVを立ち上げた経緯をまとめた1冊。
まさに「メディアをうらむな、メディアをつくれ」を地で行く白石代表の思いがこめられてます。

一般市民が公共の電波にアクセスする権利を得て表現を担い手となる「パブリックアクセス」
いわば海外の市民チャンネルの事例を紹介し、
日本では阪神大震災、そして東日本大震災から既存のメディアでへの不信、そして拾わない声を発信していく
ネットメディアの紹介をし、
市民自ら発信していくさまざまな事例を紹介しています。

中でも新聞奨学生のさまざまな問題を発信していくネット放送があることは興味深く思いました。
弱い立場なのでかなり不利益を被る新聞奨学生の問題は確かに大手メディアでは報道されないはずで、
それらの問題を知ってもらいたいとネット放送を駆使するのはなるほどと思いました。
ほかにも「小さき声」マイノリティの側から発信していくメディアを紹介していきますが、
OurPlanet-TV自身もワークショップを開いて市民の側からの発信を推進しているようです。

ただし原発事故後にインターネットで情報収集を熱心にする人が爆発的に増えたとはいえ、
試算してみると10万~20万人程度。(2011年)
テレビの視聴率にあてはめるとわずか0.1%~0.2%とのこと。
圧倒的なマジョリティである既存の大手メディアを前に有効な情報をいかに得たり発信するか、
白石さんの取り組みは続くようです。

「東電テレビ会議 49時間の記録」上映会にはそんな白石さんをお迎えします。
いわばネットメディアの第一人者でもあるので、その面で関心がある方にも
伝えていくにはどうすればいいかとも思いました。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1278
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/267-53e5293e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT