FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「SKIN/スキン」”ミニシアター押しかけトーク隊 「勝手にしゃべりやがれ!」”



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2742.html
↑こちらの『戦争と一人の女』上映後トークの中で井上淳一監督が紹介してましたが、
コロナ禍のミニシアターエイドの一環として全国各地のミニシアターへ上映に合わせた映画について
映画論客が縦横無尽にリモートで語り合う
”ミニシアター押しかけトーク隊 「勝手にしゃべりやがれ!」”がシネ・ウインド初の押しかけとして9月12日(土)17時5分からの『SKIN/スキン』上映後に開催が決定したそうです。

荒井晴彦監督、森達也監督、白石和彌監督、井上淳一監督とタブーも忖度もない一騎当千のツワモノ論客達が『SKIN/スキン』という“差別”という大変重いテーマの映画についてトークを繰り広げる貴重な機会となるかと思います。

担当者は支配人に押しかけトーク隊にはブルース・リーをテーマにと希望しましたが、
やはり差別へ断固反対を声を挙げ唱えた大坂なおみ選手への日本からのヘイトスピーチを見てると、
(無論、多くの称賛もありますが)
今は『SKIN/スキン』について各々が観て語り合うことなんだろう、と納得できました。

9/12(土)「SKIN/スキン」”ミニシアター押しかけトーク隊 「勝手にしゃべりやがれ!」”
https://www.cinewind.com/information/9-12-skin/

『SKIN/スキン』公式HP http://skin-2020.com/  

生れて初めて愛を知った差別主義者は組織からの脱会を決意した。
だがその肌に刻まれた憎しみのタトゥー象徴を、社会は決して許そうとしなかった―。

スキンヘッド、顔面に憎悪を象徴する無数のタトゥー。白人至上主義者に育てられ、差別と暴力に生きてきたブライオンは、シングルマザーのジュリーと出会い、これまでの悪行を悔いて新たな人生を築こうと決意する。だがそれを許さない組織からの執拗な脅迫、暴力は、容赦なくジュリーたちにも向けられていく・・・。2003年に米国で発足したレイシスト集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーが辿った実話の映画化。新鋭監督ガイ・ナティーヴは、憎悪の円環からの脱却を図った男を軸に、レイシズムの非道、人間の再生、それを支える社会の寛容を鮮烈に描き出す。
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2752-ea3ca39a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT