FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三上智恵著 『証言 沖縄スパイ戦史』 日本ジャーナリスト会議 JCJ賞受賞



日本ジャーナリスト会議(JCJ)選、2020年第63回 JCJ賞に三上智恵著【証言 沖縄スパイ戦史】が選出されました。
「軍の「戦争マニュアル」に至る、長く封印されてきた凄まじい証言ばかりである。
ここに沖縄戦-国内唯一のゲリラ戦が浮かび上がる。これは現代への鋭い警告である」

https://twitter.com/Shueishashinsho/status/1303182761348399104

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2514.html
↑こちらでも紹介した三上智恵監督が映画『沖縄スパイ戦史』完成後もさらに取材を進めて
膨大な枚数にまとめた著作『証言 沖縄スパイ戦史』が
「自由な言論を守り、自由な社会を実現すること」を活動目的にする
日本ジャーナリスト会議(JCJ)が選定の「その年の優れた言論・報道活動を行った団体・個人に贈られるJCJ賞」を発表し、
冒頭にあるように『証言 沖縄スパイ戦史』がJCJ賞を受賞しました。

映画界では多くの賞を受賞した三上監督ですが活字での受賞は初めてだそうです。
おめでとうございます!

============================

【JCJ大賞】

● 安部晋三首相の「桜を見る会」私物化スクープと一連の報道   しんぶん赤旗日曜版

【JCJ賞】     4点(順不同)

● 『証言 沖縄スパイ戦史』  三上智恵

● 『孤塁 双葉郡消防士たちの3・11』  吉田千亜

● 森友問題で自殺した財務省職員の遺書の公開  赤木雅子 相澤冬樹

● 「ヤジと民主主義~小さな自由が排除された先に~」  北海道放送

===========================

↑今年の受賞作を記しますが、戦後最悪な政権の本性を晒す報道の中で、
戦時中の記憶を丹念に掘り起こしていった記録が結果的に「現代への鋭い警告」となるのは必然のように感じます。
あと 『孤塁 双葉郡消防士たちの3・11』という作品は初めて目にしますが、読んでみたいとそそられました。

映画『沖縄スパイ戦史』は10月18日三条の三南教育会館3階 大会議室で無料上映会が開かれます。
主催の方はすでに『証言 沖縄スパイ戦史』を読んでて上映会に挑むようです。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2748.html

10月18日か。取材とかち合わなかったら行ってみようかな。
→ 『沖縄スパイ戦史』 三条無料上映会
https://twitter.com/itami_k/status/1301765184860508160

↑余談ですが朝日新聞長岡支局の記者のツイートが目に入りましたが、
昨年11月9日のアオーレ長岡市民交流ホールAで『沖縄スパイ戦史』上映会を開く際に告知記事掲載依頼と取材依頼のリリースを朝日新聞長岡支局にも投げましたが、この時に観に来ようとは思わなかったのでしょうか。
長岡支局は会場まで歩いて10分ほどの距離にあるのに。
公文書改竄スクープはサスガは朝日と期待したものですが、
最近、産経新聞かと思うような記事を続けざまに目にして、
いくら硬派な記事を書いても所詮、権力のスシ友、麻雀仲間だろうと思うことが多々あるので、
そう思われるのが悔しかったらJCJ大賞受賞するような記事を書いてくださいと。
しんぶん赤旗に負けたこと記者たちは恥じてないんだろかと。

証言 沖縄スパイ戦史
著者: 三上 智恵

◆内容紹介◆
陸軍中野学校「秘密戦」の真相

証言と追跡取材で迫る、青年将校の苦悩と少年兵が戦った沖縄戦、最暗部の記録

軍隊が来れば必ず情報機関が入り込み、住民を巻き込んだ「秘密戦」 が始まる――。
第二次大戦末期、民間人を含む20万人余が犠牲になった沖縄戦。
第32軍牛島満司令官が自決し、1945年6月23日に終わった表の戦争の裏で、北部では住民を巻き込んだ秘密戦が続いていた。
山中でゲリラ戦を展開したのは「護郷隊」という少年兵達。
彼らに秘密戦の技術を教えたのは陸軍中野学校出身の青年将校達だった。
住民虐殺、スパイリスト、陰惨な裏の戦争は、なぜ起きたのか?
2018年公開後、文化庁映画賞他数々の賞に輝いた映画「沖縄スパイ戦史」には収まらなかった、30名余の証言と追跡取材で、沖縄にとどまらない国土防衛戦の本質に迫る。

https://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/1011-d/
スポンサーサイト



| 未分類 | 07:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2753-791fc8ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT