fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『陶王子』見てきました! 感想書きましたのでご覧下さい。 S東京特派員



S東京特派員より柴田昌平監督の新作『陶王子 2万年の旅』を早速都内で観賞したので感想を送っていただいたので掲載します。
ありがとうございます!
思えば柴田監督の劇場デビュー作『ひめゆり』もS東京特派員に先に東京で観賞してもらって、
いい映画との報告を受けて長岡アジア映画祭で上映した経緯もあったりしました。

134670100_702136297152477_1540798762355143102_n.jpg
ヒューマントラストシネマ有楽町 柴田監督とティエリー・ヴォワザンさんとのトークショーの様子


『陶王子 2万年の旅』柴田昌平監督

NHKBSで放送されたドキュメンタリーの劇場版です。
2万年前の陶器の誕生から現在までを追った作品で撮影もNHKの国際共同制作らしく日本国内だけでなく中国、ヨーロッパとスケールが大きなドキュメンタリー。

最初の陶器の起源のところで新潟の火炎土器も出てきて、なぜあんな複雑な形なのかー陶器は古代では単なる調理器具ではなくいままで食べられなかったものが食べられるようになる神聖なものだった、というところから始まる人と陶器の歴史。

陶器でできた王子(声:のん)の案内というファンタスティックな構成の映画で、映画館の暗闇の中で見ているとまるで2万年という長
大な時間を渡る旅に同行しているような没入感がありました。

いまわれわれはコロナという歴史的な出来事に立ち会っているわけですが人類が歩んできた2万年という時間のスケールを意識するのもこの困難のなか有意義なことのようにも思えます。
劇場での鑑賞、おすすめします。

映画「陶王子 2万年の旅」公式HP http://asia-documentary.kir.jp/ceramics/
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2869-e81d58a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT