FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

I Fell in Love Like A Flower Bouquet

hanakoioshi.jpg

『花束みたいな恋をした』が大ヒット中と聞き、
監督が『罪の声』が良かったので、
というか予告編から妙に引っかかったので観てしまいましたが、
劇中、就職せずにいる菅田将暉を見かねた小林薫扮する父親が上京、
この親子は長岡出身という設定で
息子への説得通じず、父親は仕送りを長岡花火に寄付すると宣言、
以後、菅田将暉は夢とサブカルを諦め現実と自己啓発本へとシフトチェンジを。

このやり取りを流ちょうな長岡弁で話してて微笑ましく、
そういえばと思い出したのがサブカル好きすぎて
下高井戸シネマや早稲田松竹のチラシを手にご満悦する姿に近親憎悪を覚えたほど
嫌味漂う好演のヒロインを演じた有村架純は
長岡ロケした『ビリギャル』の後も、
https://locanavi.jp/osusume/birigal/
『ストロボ・エッジ』ではフェニックスをバックに浴衣姿を披露してたので、
これでこの美男美女は長岡花火と縁ができたのかと。

担当者は『ストロボ・エッジ』は長岡ロケなびにエキストラ募集と出たので参加。
当日、なんの撮影がわからず行ったら廣木隆一監督作と知り、
以前、お会いしたことがあるので少しお話をしたら
長岡花火を撮るので久しぶりに大林監督の映画を見たんだよ、と『この空の花』を話してました。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-602.html
↑この時のことを書いてましたが当時は『あまちゃん』に出てた、の有村架純が、
今やすっかり大物、この『花束みたいな恋をした』で完全に不動の地位を確立してしまったと。

映画は今時好みが細分化していくなかで、
好きな映画、好きな作家が一緒、
彼氏の本棚を見て「私の本棚」なんていう運命の人に出会うのは奇跡に等しいのに、
だからこそ納得してしまう結末まで、じっくりと魅せてくれました。

ただ菅田将暉はすれ違い倦怠期となったら有村架純を長岡花火に連れて行けば、
多少は事態が好転したのではないかという思いが。
長岡ネタがあそこだけなのは勿体ない、
これが五藤利弘監督なら焼きおにぎりでなくて栃尾のあぶらげをあの場面で焼いてただろうにと。

それと本物の押井守監督を知り神と敬ってても
実社会ではまるで役に立たないのは身に沁みました。

『花束みたいな恋をした』公式HP https://hana-koi.jp/

あとこれから注目をしてるのは『あの頃。』の原作者・劔樹人さんは新潟出身のようなんで、
劔さんを演じた松坂桃李は劇中、新潟弁を話すシーンが出てくるんだろうかと。
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2912-95fb3b00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT