fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『女帝 小池百合子』



阪神大震災被害の窮状を訴えに訪れた芦屋(彼女の生まれ育った土地)の女性に目線をあげずに応対し、「マニキュア塗り終わったから、帰っていただきます?」と言い放つ。

拉致被害者の家族の前で忘れ物を探して「あったー、私のバッグ拉致されたかと思っちゃった」と叫ぶ。

この二点だけでも困ってる人達のことは、これっぽちも眼中にない人に選挙で東京都民は自身の生活を託してしまったので、
現在のコロナ禍の愚策続きで悲鳴を上げても、文句が言えないのではなかろうか。

先の都知事選前に大いに話題となった石井妙子氏の著作『女帝 小池百合子』を読んで極端なことを思いましたが、
『なぜ君は総理大臣になれないのか』で小川議員の運命を狂わせる存在として登場するのが小池百合子氏。
細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎とまるで政治信条の違う時の権力者に、すり寄りのし上がって、
(安倍晋三は傍に近づけなかったのは、そこは見る目があったのかと)
ついに東京都知事にまで上り詰めた“女帝”を描いたノンフィクションに
『なぜ君は総理大臣になれないのか』でも大きなエピソード、というか大島監督によれば
小池氏のおかげで映画が面白くなったという“希望の党騒動”の件も綿密に描かれていますが、
この中で唯一、小池氏にとって計算違いの「排除します」という発言を引き出したのが、
変り者と周囲から思われてる政治記者で普段は記者会見で質問を指されないのに、
この時ばかりは指してしまい調子に乗った小池氏が「排除します」と言ったばかりに言葉が独り歩きし、
さすがにこれはヤバいと知られてしまい、総理大臣への野望は砕かれてしまうというのはまさに一寸先は闇、
この計算違いにほっとしたとはいえ小川議員はじめ多くの人たちが氏の野望のために荒波に揉まれてしまう結果となり、
はた迷惑このうえないというのが正直なとこでした。

しかし大島新監督と石井妙子氏の対談の中で

日本のメディアは政治権力に対して「どうして?」を問わなくなった
「政治ドキュメンタリー」から語る、日本の現在地 #1
https://bunshun.jp/articles/-/40413

なぜ野党議員のドキュメンタリー映画で「泣ける」という感想が多いのか
「政治ドキュメンタリー」から語る、日本の現在地 #2
https://bunshun.jp/articles/-/40418

なんの信念もない空虚で出鱈目な行動を詳細に記録しているのに「男社会を生き抜く女性にとってバイブル」と
小池氏を称賛している読者がいると石井氏は話し、
たしかにあれだけ好き放題に生きていれば、何やら痛快に思うのは頷けるけど、
そんな人に生活を託すわけだから、やはり慎重に投票すべきではなかったかと。
コロナ禍の最中の記者会見で何やらカルタを作って得意満面に話してたイカれた姿を見て、
もう後戻りできないんだろうなと思いましたが。

『女帝 小池百合子』には最大の謎である「カイロ大学主席卒」も綿密に検証しながら、
限りなくというかほとんど黒にも関わらず学歴詐称者は選挙に立候補できないのに、
うやむやにして東京都知事となり、連日記者会見を行ってテレビに登場し顔を売りながら、
次へのステップアップを虎視眈々とこの女帝は狙ってるハズ、
その検証のなかでカイロ留学時代にともに暮らしながら面倒を見た女性の証言が、
繰り返し登場する中で、いわば居候の分際の若き日の小池氏が、
承諾もなく部屋の色を自分好みの色に勝手に塗りたくって満面の笑みを浮かべていたという件、
読んでてこれは諸にサイコパスとしか思えないので、
そのまま矯正することもなく大人になって現在に至ると思うと、やはり恐怖そのものだろうと。

『なぜ君は総理大臣になれないのか』とは対をなし、観る前でも、観た後でもおススメできる一冊ですが
読むのに覚悟がいると老婆心ながら、、、、

=============================

小川淳也ほど、貧しさを知り、人情味にあふれ、論理的で、実直な人間はいない。だが、このまばゆすぎる魅力のゆえ、彼のような人間は「総理になれない」と冷笑される。何かが狂っている。それは政治なのか。それとも、無理を通し、道理を引っ込めても恥じない、この社会のありようなのか。
井手英策(慶應義塾大学教授)

==============================

4/25 『なぜ君は総理大臣になれないのか』長岡上映と大島新監督講演
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2930.html

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=Nx1qeouacBI
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/2966-963903f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT