長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の3月11日



「本店本店大変です」
「3号機爆発が今起こりました」
「電話はいつも官邸につながらない」
「炉が裸ん坊になっててひでぇ状態になってんじゃないか」
「約2時間で完全に燃料が溶融」
「18時22分燃料棒が全部露出、共通の認識でいいですね」
「水位がダウンスケールしてる」
「もう危機的状況ですよ」
「ベントできないと格納容器が壊れる」

「東電テレビ会議 49時間の記録」予告編のテロップを書き写すと、
http://www.youtube.com/watch?v=tX5ceKqfJvQ
物騒な言葉ばかり並んでいやがうえにも破滅に向かう緊迫感を覚えますが、
担当者はその頃何をやってたかと思い出すと、
当時、市民映画館をつくる会と「小林茂の仕事」Oタスケ隊が主催で
3月13日開催する“「チョコラ!」ケニア上映会報告と小林茂監督新作応援会”の準備のため、
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1255.html
3月11日は小林監督のご自宅にお邪魔し打ち合わせをした後に、
コンビニに寄ったところであの大地震を体感しました。
もっとも多くの人は感じたかと思いますが、
めまいのようにまわりがぐるぐるとまわり、
大して疲れてないけど、疲れがたまったのかと錯覚を覚えました。
しかしやがて周囲が地震と声をあげてなるほどと思った次第です。

事務所に戻りパソコンのユーストームなどで、
津波が押し寄せる映像を見てタダゴトでないと知り、
13日は開催できるか協議をし、
翌日はそこへどうも福島原発がおかしいとまっくらな街並みの中で深い絶望に襲われてました。

“これは個人的な話となるのですが、
今回の報告応援会を開催に向けて
昨日準備を当会メンバーやOタスケ隊の皆さん、
そして小林監督と準備を進めていく中、
皆さんとお話していて思ったのは、
この日、本当にお会いできて良かったということでした。
正直、図書館へと準備に向かうなかでも本当に不安で押しつぶされそうでした。
しかし相当な覚悟でお客様にお話しをしたであろう、
小林監督の熱のこもったお話を聞いていてともかく開催できて良かったということでした。
いつかこの日の詳細な報告を書けたらと思っています。”

http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1323.html

迎えた13日は準備をするなかで人と会うことで押しつぶされそうだった気持ちが
拭えたことが当日の感想に表れてましたが、
あの日々を足を運んだ皆さんと振り返ることで3,11への思いを新たにできないか、
そんな思いで今回「東電テレビ会議 49時間の記録」を上映できたらと思います。

しかし
いつかこの日の詳細な報告を書けたらと思っています。
などと書いてましたが結局書いてませんでした。

スポンサーサイト

| 未分類 | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/314-e7598a17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT