fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『プリズン・サークル』長岡上映会 お客様の感想。

FDj7lmlaQAAd-op (1)

10月30日『プリズン・サークル』長岡上映会 お客様の感想を抜粋して転載します。

*すばらしかった。   (70代・男性)

*向き合うことを支えてくれる存在の必要性をとても感じました。(30代・男性)

*刑事施設、矯正施設の教育、取り組みが多くの方に理解されると思った。(50代・男性)

*とても良い映画でした。コロナ禍で県をまたぐ移動ができない中、市内でこのような映画が観れる機会をいただき本当に嬉しかったです。(40代・女性)

*保護司の方のお話を初めてお聞きしました。よい経験でした。
映画の中のTCで参加者が経験していたセッションについて具体的に(生々しく)描かれていて、すばらしかったです。
前から見たいと思っている映画でしたので、上映してくださりありがとうございました。
次の「東京クルド」も観たいと思います。(50代・女性)

*ワークショップのレベルが高くてびっくりした。
自分と変わらない、むしろ上。
漢字も書け、支離滅裂でなく話し、まれな人たちでないかと思ったが、
犯罪の内容や成育歴を知るとやはり犯罪者だった。
どこが違うのか、暴力を受けて育ったかどうかの違いか。(60代・女性)

*とても見たかった映画をありがとうございます。
社会に広く訴える力のある映画だと思いました。
目の前の人間関係を大切にしたいです。(30代・女性)

*生育環境に対して、彼らの言語能力が極めて高いことにおどろきました。
制作者の方が具体的な問いを投げかけるスタイルもドキュメンタリーとして珍しく興味深かったです。(20代・女性)

*昨年、新潟市のシネ・ウインドで上映されていたのですがコロナの影響で見る機会をのがして、今日見れて良かったです。
暴力の連鎖はよく言われていることですが、あらためて考えさせられました。(40代・女性)

*学校職員、深く心の声をききたいが、とにかく余裕と時間がない。(50代・女性)

*作品はもちろんのこと、その後の感想会でより深められて大変良かったです。
前にも参加したことがありますが、毎回上映会のチョイスがすばらしいです。
スクリーンで大勢の人たちと気持ちを共有できる感じが好きです。(40代・女性)

*立派な作品でした。感動しました。TCに出席していた人たちの出所後の人生がうまくいくことを祈らずにいられません。(60代・男性)

*映画そのものは良かったです。TC、一般の人も気軽にやれたら良いと思う。(30代・女性)

*とても良い映画で深く考えさせられました。
座談会に参加できず残念です。(時間的に、、、、)(40代・女性)

*私もお役に立ちたいすばらしい仕組み、たずさわる人たちです。(70代・男性)

*普段、見ることが出来ない世界に着目したことは大変すばらしい事だと思いました。
これを見ながら一方、被害者はどうなったのかな~?と考えました。(70代・男性)

*心に響く内容で感動しました。(70代・女性)

*私も映画と同じ内容の仕事をしています。
藤岡先生とも一緒に仕事をしていました。
広く市民にこのような映画を上映していただいたことに感謝しています。(50代・男性)

*自分を語れる場所がある、生きていく上での大切な要素だと思う。(20代・男性)

*①時間のかかること-世間に出てからではできない試み。
  ②個対個(カウンセラーorDr etc)は成立しても、その人達が集団(世間、職場、社会)が厳しい。
(50代・女性)

*こういった真面目な上映会を運営していくことは難しい面があると思いますが、素晴らしい映画でした。
会がこれからも発展していくことを祈ります。(60代・男性)

*(今こそ人にやさしい社会を)
私もあのサークルの中にいながら観ていました。
回想法のように自身の子どものころにたどりながらイイもワルイも想い出していました。
60数年の人生、たまたま法に触れることをしなかっただけで?
否、見つからなかっただけなのかもしれません。
「挫折のない人生を歩んでいる人を信じない」と先日、佐高信さんのことばを聞きましたが、
一度や二度の挫折は経験しているわけです。
それはPTSDにこそならずとも、多少のトラウマになっています。
映画の中の彼らは私であり、みなさんの姿でもあるでしょう。
なぜなら同じ時代と社会を共有しているからです。
「なかま」と「やさしさ」に支えられた人間関係をつくれていたら「事件」を起こさずにすんだ気がします。
私はそれがあっただけです。
この映画にある「TC」と呼ばれる取組や他にも被害者と加害者をつなぐプログラムや取り組みがいろいろとあるかと思います。
それらに触れられる機会と知る機会を一人でも多くの人たちが経験できますように!(60代・男性)

https://prison-circle.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 12:47 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/3182-1e559406

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT