fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

月刊Journalism “東京クルド”の絶望を撮る



朝日新聞デジタル解約しました。思うところはいろいろありますが最大の理由は価格と内容価値が見合わない事です。朝日とは紙時代から長く付き合ってきましたがさらばです。

@NOSUKE0607さん
例えば、このような記事を金払って読みたいとは全く思えません。朝日は単なる官報ですか?

(ひと)中村格さん 第29代警察庁長官に就任した
https://www.asahi.com/articles/DA3S15093226.html

https://twitter.com/NOSUKE0607/status/1453929889501904899

警察の不手際も一因で一人の女性が命を失った事件を追った
「桶川ストーカー殺人事件」などを執筆しジャーナリストの鑑といっていい清水潔氏が朝日新聞を解約したとツイートしてました。
理由の一つに当時の総理大臣をヨイショしてたお仲間の報道記者が準強姦の容疑で逮捕状が出されたものの、
執行直前に握りつぶした刑事部長が忖度のご褒美なのか警察庁長官に出世したと持ち上げる記事を掲載したこと。
この事件の当事者である伊藤詩織さんに告発記事を掲載した週刊新潮を紹介したのが清水氏だと思うと、
もはや官報と化したような朝日新聞にお金を払うのは耐え難いことだと容易に想像できます。
確かに弱者でなく権力者に忖度して逮捕状を握りつぶしたのが警察トップってもはや暗黒社会だと。

その他にもかつては政権と激しく対峙してた朝日新聞が、
完全に牙を抜かれたような記事が続いて読者を加速的に失ってるように見えるのですが、
それでも中には志のある記者がいるハズと思ってます。

その朝日新聞社が月刊ジャーナリズムという雑誌を発刊してると知りました。
最新号の特集が「入管 ウィシュマさんは、なぜ死んだのか」
今年3月にスリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさんが名古屋入国管理局の施設で死亡、
入管の非人道的な扱いが明らかとなって大きな非難を浴びた事件を多角的に検証しているようで、
執筆者に『東京クルド』の日向史有監督が「つきまとう入管収容の恐怖〝東京クルド〟の絶望を撮る」と題して寄稿しています。
たぶんあの事件について特集してる雑誌はそんなに無いと思うので、
こういった志まで忖度で失ってほしくないと思ったりします。
ただ残念なことに長岡の本屋さんを何軒か回っても、この雑誌は入荷してないそうで、
そんなに売れてないんだろうなぁ、と想像するので、
これは応援の意味でこの号を文信堂書店に注文しようと思います。
もちろん日向監督がどんな記事を書いてるのか関心があるのが一番ですが。

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23247

12月26日『東京クルド』長岡上映会
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-3180.html
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/3195-481b80f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT