fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不丹是教室.



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-3240.html
↑こちらで紹介した見附・アルカディアホールでの『ブータン 山の教室』上映会に映写担当で参加しました。
アルカディアの大ホールというとパレット・パレットの解散コンサート以来になり、
はたしてあんなデカい会場で務まるかと思いましたが、
職員さんのサポートもあって無事に上映できました。
ただ立派な設備にも関わらず映画上映会はあんまりないというのは勿体ないような。

『ブータン 山の教室』のサウンドディレクターにはかの杜篤之(ツゥ・ドゥーチー)
ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、ツァイ・ミンリャンといった台湾映画の巨匠の作品のほとんどを手掛けており、
毎回クレジットに杜篤之と出るので気になってたので
まさか自分がブータン映画で杜篤之の映写を手掛けるとはと思いながら、
舞台袖で鑑賞し冒頭の都会の雑踏と4000メートルの高地の対比を、
音で聴かせるのはこんな大ベテランでないと務まらないようのではと。

改めて観て主人公はオーストラリアで屈辱の「ビューティフル・サンデー」を歌う日々を選択するのか、
それともあの厳しい大自然のもとへ身を置く生活となるのか、
気になったりしましたが、とはいえ世界中から「幸福の国」と呼ばれるブータンを抜けて、
海外で生きようとするパッションはやはり若者の特権ではないかと。
失敗したら戻ってくればいいではなかろうか、という境地にこちらは達してました。
あとあの女の子をキャスティングしただけで本作は成功に思いましたが、
あの子、あの瞳のままなら将来たくさんの男を泣かせてしまうような。

(ホントは多少マシなことを書いてましたが、なぜか突然パソコンがシャットアウトしてしまい、
眠気で朦朧としながら書きました)

あとスタッフの方、帰りに駅まで乗せてくれた方、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/3263-1a2c80ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT