fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『この子は邪悪』を観る。

Fbm7PtoacAEzLQW.jpg

玉木宏というと山古志ロケした朝ドラ「こころ」の勢子を演じた若者というのが記憶に残っており、
というか虫亀の闘牛場の観客というエキストラで参加した際、
場内で迫力ある闘牛相手に勢子を演じた山場の撮影を終えたあとに、
少し離れた林の中で玉木宏が個別の撮影をしてたところをたまたま目にし、
とても熱心に演じてたことと、
おっかけ化してた熱心な女性ファンが終始熱い視線を送ってたことが印象に残ってました。

片岡翔監督『邪悪なあの子』で役者冥利に尽きる役を喜々と演じてる姿を観て
「こころ」のあの勢子青年が、縦横無尽に映画をかき回してることになんだか嬉しく思いながら観ておりました。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-3487.html
↑こちらで紹介した片岡翔監督『この子は邪悪』
あんまり書いてしまうとネタバレになってしまうので、ほどほどにしますが物語が進むごとに、
新たな謎が登場し、こちらを混乱させたでゾッとする恐怖が襲ってくる展開に少しも飽きさせず、
ラストはあの動きで“邪悪”を容易に連想させてしまうこともお見事でした。

ついでにファーストデーなので壮大なホラ話『NOPE ノープ』と続けて観たら、
どちらも初っ端から不穏な空気がスクリーンを漂うことに興味深く観てたら、
ウサギが出てきて片岡監督はジョーダン・ピール監督を意識してるのかと思い、
少年役がなんだかウサギのように可愛いのでさすがジャニーズだな、などと観ていたら、、、、この辺で。
しかし“流星”って流行りの名前なんだろか。

ついでに妹の寝室にやはりぬいぐるみがあることに片岡監督のこだわりが垣間見えましたが、
歳月をかけてこんな面白い映画を撮ってくれた片岡翔監督に深い敬意を。
これからも新作が出来たら観に行きます。
不穏にまみれながらもヒロイン南沙良がどんどん綺麗になってることに信頼を寄せることができました。

『この子は邪悪』公式HP http://happinet-phantom.com/konokohajyaaku/  
スポンサーサイト



| 未分類 | 09:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/3491-e58b1455

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT