長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1/11 じゅういちぶんのいち



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-346.html
↑こちらでご紹介しました片岡翔監督作「1/11 じゅういちぶんのいち」が公開されたので、
早速ユナイテッドシネマ新潟に足を運びました。

あまり予備知識もなく、主要登場人物で知ってる俳優さんは竹富聖花さんくらいで、
はたしてノレるだろうかと思ってましたが、
片岡監督の新たな門出を祝う気持ちで劇場へと。

冒頭は長回しで高校生の登場人物像、そして学園内の力関係を描きだし、
これは「桐島、部活やめるってよ」の方向をなぞる映画なのかと
身構えてしまいましたが、当然その流れは行かずに、
座席に身を任せてスクリーンに見入ってると、
主人公がなぜブレずに夢を追い続けている理由がわかると、
俄然、この映画が愛しく思える映画でした。

正直、そこに行く前に登場人物達がさまざまな葛藤を抱えて、
自分の夢に正直になったり、なれなかったりする姿を観ていても、
すっかり汚れてしまったこちらは感情移入が出来ないまま、
もしくはそんな悩みを抱えてる彼らがまぶしくて、
どこかで目をそらしてた思いがあったのですが、
“あの”シーンから、それぞれの想いがひとつに束なり、
ラストシーンへと繋がる中で、とてもいい映画を観てると実感しました。

さらに“あの”シーンのキーパーソンを演じてたのが竹富聖花さんで、
「ゆめのかよいじ」から着実に成長を遂げていたことも嬉しく思いました。
竹富さんの台詞にありましたが子ども達から同世代の人が観て、
「夢を実現させる」ことについて大きなものが得られる映画ではないかと。

竹富さんの他ではサッカー部のマネージャーを演じてた
上野優華さんの儚さと芯の強さが印象的でしたが、
ルックスからしてAKBのコだろうか?と思ってましたが関係ないようで、
主題歌も歌ってると知り、これから期待したいです。

ついでに片岡監督の代表作「くらげくん」への変わったオマージュもあり、
これは自分のように「くらげくん」が好きな人たちへのメッセージなんだろうと思いました。
それだけにエンドクレジットの最後が片岡監督の名前で締められてたのを目にして感慨深く思いました。

着実に映画界に自分の名を刻んだ片岡監督のこれからの更なる飛躍を祈念してます。

「1/11 じゅうぶんのいち」は現在、ユナイテッドシネマ新潟で公開中です。
http://www.unitedcinemas.jp/niigata/index.html

「1/11 じゅうぶんのいち」公式HP http://1-11movie.com/
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/356-bbeb53b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT