FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「阿賀に生きる」上映と囲炉裏座談会‏

小林茂監督よりBCCメールが二回続けて届いたのでご紹介します。

以前にもご紹介した"「阿賀に生きる」上映と囲炉裏座談会”と
「阿賀に生きる」が朝日新聞で紹介されるそうです。

また小林監督が中心となって5月11日にアオーレ長岡で開催される
アフリカンフェスタ!のCM‏ は↓こちらを。

http://www.youtube.com/watch?v=gCsF2rD8nD4&feature=youtu.be



各位さま

おげんきですか。
ドキュメンタリー映画の小林茂です。

「阿賀に生きる」と東北電力巻原発建設予定地だった廃村「角海浜」が
同時に語られるイベントが4月27日開催されます。

主催の若い人が新潟へ移住され(もどられ)、新たな試みがはじまった。

<いろり座談会+16mmフィルム上映会>
『角海浜物語』×『阿賀に生きる』—自分を含めた世界の出来事—です。
http://shitsurai.bricole.jp/898/

<日時>
2014年4月27日(日)
10:00~12:00
第一部 映画『阿賀に生きる』(1992年、佐藤真監督)16mmフィルム上映会
(会場:新潟市岩室観光施設いわむろや内「伝統文化伝承館」)

14:00~17:00
第二部 いろり座談会 『角海浜物語』×『阿賀に生きる』横断トーク
(会場:福井旧庄屋佐藤家)

<座談者>
●斎藤文夫(郷土研究家、写真家、福井旧庄屋佐藤家・囲炉裏の火焚きじいさん)
●大熊孝(新潟大学名誉教授、『阿賀に生きる』製作委員会代表)
●小林茂(映画監督、『阿賀に生きる』カメラマン)
●旗野秀人(『阿賀に生きる』製作発起人、冥土のみやげ企画、新潟水俣病安田
患者の会事務局)
●村井勇(アトリエラボン、『阿賀に生きる』スチール)

●聞き手 桾沢厚子(岩室温泉KOKAJIYA2F「室礼」)

<参加料>
第一部 上映会…鑑賞無料(カンパをお願いいたします)
第二部 座談会…500円(お茶、資料代)

<お問い合わせ>
●メール:info@bricole.jp
●電話:080-4051-1211
●FAX:0256-78-8781
申し込みは不要ですが、当日は先着順によるご案内となります。予め席を確保さ
れたい方は、上記のいずれかから、「1)参加者名、参加人数 2)連絡先電話番
号」をお知らせ下さい。第一部と第二部、どちらか一方のみのご参加も歓迎いた
します。
担当:ブリコール・桾沢(ぐみざわ)

===============================================================

各位さま。

映画「阿賀に生きる」(佐藤真監督・小林茂撮影)が、あの朝日新聞
「be」に登場。4月26日(土)朝刊に入れ込まれます「be」の「映画の旅人」欄に
「阿賀に生きる」が特集される予定です。ご高覧ください。

小林茂
スポンサーサイト



| 未分類 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/368-ce04fdf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT