fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『あしたの少女』お客様の感想

『あしたの少女』sub1
©2023 TWINPLUS PARTNERS INC. & CRANKUP FILM ALL RIGHTS RESERVED.

2月22日 2024 ながおかワーク&ライフセミナー
映画『あしたの少女』上映会 お客様の感想を抜粋して掲載します。
書いていただいた方々、ありがとうございした。

*素晴らしい作品を知ることができてよかったです。(40代・女性)

*理解するのが少し難しかったです。(30代・男性)

*現実を見ました。
それを良い方向にもっていく事を続ける必要があります。(50代・女性)

*人は過ちを何度も繰り返すものです。
映画のすばらしさは記録として残ること。
知らない人へ届ける事。
同僚を同じような理由で亡くしました。
この映画の最後のお話しに感謝いたします。
ありがとうございました。(50代・女性)

*大変いい映画だと思いました。
今の日本社会の実態と同じです。
あの女性警察は現実とちがうと思います。
あんな人が警察にいないのは明らか!(60代・男性)

*日本での非正規雇用にあたる。(20代・男性)

*考えさせられました。(50代・女性)

*とても良かった。(70代・女性)

*全て数字で評価され、口のうまい連中ばかりのさばる。
やりきれない映画でした。(40代・女性)

*日本より競争社会の韓国の知られざる一面を見せつけられました。
かなり衝撃的な内容でした。(40代・女性)

*よかったです。(70代・男性)

*守られる法案ができてよかった。(60代・女性)

*考えさせられるものでした。
映画後のコメントでより理解が深まりました。(30代・女性)

*大変参考になりました。(70代・男性)

*とてもせつない内容でした。
でもその事実を知って少しでも社会が良くなるといいですね。(50代・女性)

*いろいろむなしかった。(60代・女性)

*考えさせられた。集中して観ることができた。(60代・女性)

*切ない現実であり、大変だと思った。(70代・女性)

*上層部の責任転嫁、言い訳、
今の政治を見てもそう思う。(80代・男性)

*社会構造の根深さを感じた。(60代・男性)

*悲しくなった。(30代・男性)

*過酷な労働環境、事実ならひどい。
貧困の法整備が必要。(40代・女性)

*深く考えさせられました。
現代の問題でもありますが昔からの事でもあり命の重さを改めて考えます。(40代・女性)

*いろいろな立場の設定があり、考えさせられる良い映画でした。(60代・男性)

*いい映画で考えさせられました。
私の若い時の現場にもありました。
告発する勇気のある人が出たことに安心しました。(80代・男性)

*厳しい映画でした。
女性刑事の行動に気持ちがスッキリしたものがありました。
日本でも同様なことが起きているのではと、他人事でないと思います。
日本の労働環境。(70代・男性)

*強い者にはまかれよ!!という社会の中で
正義は必ず勝つ!!よいうのはマボロシかと思いました。(70代・女性)

*身近な問題であり日本にもあると思う。
高橋まつりさんやこの間、自殺した医師を思い出した。(60代・女性)

*胸につきささるものでした。
弱者ほど声をあげられないですね。(70代・女性)

*警察や学校、職場の労働者に対する取扱いは日本も同じだと思う。
責任逃れ→上へ上へと責任を上げて、労働者には手が届かないところに行ってしまう。(70代・女性)

*今の日本を見せつけられてるようです。
もっと多くの人が観た方がよい。 (70代・男性)

*とても考えさせられる内容でした。
ありがとうございました。(60代・女性)

*考えさせられる映画でした。
日本でも同様な問題がありそうです。(70代・男性)

*良かった。(70代・女性)

*いい映画でした。
あの刑事さんに頑張ってもらいたい。(60代・男性)

*重い内容の映画でした。
社会問題でした。(60代・男性)

*意味のある映画を選んでいただき、ありがとうございます。(50代・男性)

*シネ・ウインドでの上映期間を見逃した為、是非鑑賞したいと思っていた作品です。(60代・男性)

*かなしい物語だったが、彼女の携帯を見つけてくれてよかった。(10代・女性)

*国民の安全、健康で文化的な生活を保障する現日本国憲法に違反する現政権下では韓国の状況が全く人ごとでは無い。
日本では「自己責任」という名の元で大企業や既得権者に富が集中されている。
国民たちはATMでしかない扱い方にいつまで甘んじているのか?
黙っているとは黙認すること、親子であっても互いを知らない関係生とは…日本と重なる場面が多い。
長いものに巻かれるのはもうやめよう!と声を出していいたい。(70代・女性)

*日本の教育制度も人事では済みませんね。
学校-教育委員会-文科省の縦割り、その教育委員会に相当するだろう責任者(女性)が刑事に「不毛の論議だ」というようなことを言っていた。
つまり自殺するのは本人の自己責任であり、政策や制度を守っている側には責任がないということを表した場面が深く印象に残りました。
社会的責任を刑事でも民事でも裁けないとしたら泣き寝入りするしかない!
とでもいうような社会の闇から救済する制度がつくられるきっかけとなったとすれば素晴らしい映画です。
ひるがえって日本は?
本当にこれで問題解決に繋がるか?
観た人たちの行動次第、そんなことを思いました。!!(60代・男性)

『あしたの少女』公式HP https://ashitanoshojo.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 01:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/4052-68e5d4ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT