長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トポグラフ長岡



現在、長岡市大手通のギャラリー沙蔵にて
野田英世スケッチ作品展 『トポグラフ長岡』が開催中です。

五藤利弘監督のお友達で今回の作品展をFBで知り、映画祭の宣伝がてら足を運びました。
初めての長岡での展示会なので、
長岡を中心に三条、豊栄、新津のとても味わい深いスケッチ画が並ぶ中で、
ひときわ目をひいたのが「モノクロームの少女」「ゆめのかよいじ」に登場した栃尾の神明橋。
大雨の日に描いたそうで濁流にかかる神明橋が映画とはまた違う印象を受けてしばし見つめておりました。
栃尾に行けば必ず足を運びスポットなので、
いづれまた栃尾に宣伝回りした折には足を運ぼうと思いました。

館内には野田さんがおり丁寧に解説していただきました。
こちらは映画祭のチラシを渡し五藤監督の上映作を紹介しておりました。
建築家という肩書を持つ野田さんがこれをやるんですか、と興味を示したのが
「空を拓く~建築家・郭茂林という男」
確かに建築関係に紹介いかねばと思いながらも、
なかなか動けないでいたので展開をしなければと思いました。

野田英世スケッチ作品展 『トポグラフ長岡』は明日まで
ギャラリー沙蔵にて開催してます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/519-a208829c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT