長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

そして人生はつづく

890.jpg

「阿賀に生きる」「阿賀の記憶」の佐藤真監督と、佐藤監督の「花子」「阿賀の記憶」「OUT OF PLACE」「チョコラ!」(小林監督作)など編集者として輝かしい仕事をされている秦岳志によって編集されたびわこ学園の映画「わたしの季節」を長岡アジア映画祭で見た。私の作だがよかった。

https://twitter.com/kobacamera/status/528872735930212353

長岡アジア映画祭’14

「わたしの季節」は2004年の作品。
当然、登場するびわこ学園の人々も10年歳を重ねてるわけで、
「わたしの季節」上映後の小林茂監督の講演はそのことも含めてお話いただきました。

いつも長岡での小林茂監督の上映には右腕ともいえる映写技師さんが映写されるのですが、
今回は都合がつかず、上映前に小林監督も含めて試写に立ち会っていただき緊張をしてましたが、
上映後に監督より公開時は何度も観たけど、
久しぶりにスクリーンで観たらとても良かったと言っていただきホッといたしました。

画像は映画に登場するびわこ学園の人たちが作った粘土細工、
小林監督が持参しロビーにて展示していました。

講演の中では新作「風の波紋」の映像を10分ほど流しました。
編集のため大阪に滞在していた小林監督はこの日のために長岡に戻り、
映画祭終了後はすぐにまた大阪へと編集に向かいました。

映画「風の波紋――雪国の村から」 (仮題) 製作趣意書
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1333.html
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/586-0d672223

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT