長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

語り 菅原文太 



(昨日のつづき)

長岡アジア映画祭で上映した「ひめゆり」「森聞き」の柴田昌平監督がNHKスペシャルで演出した「クニ子おばばの不思議な森」
http://www.asia-documentary.com/works/kuniko_obaba.html

宮崎県椎葉村で焼き畑を営む椎葉クニ子おばばの足元から取材し、
焼き畑が代々の知恵が積み重ねられ森を再生することを目的にした理にかなった栽培方式だと教えてくれた素晴らしい番組でした。

当然、大好評となって何度も再放送され、
さらに50分の長さを90分に拡大した「よみがえりの森 千年の村 クニ子おばばの焼畑物語」も放映されました。

番組の中でカタツムリの擬人化のナレーションを担当してのが菅原文太兄ィ。
昨日書きましたが、長岡の講演会では長靴を履いて登場し農業の素晴らしさを説いてた記憶があったので、
この番組の解説を兼ねたカタツムリも意表を突きながらも、素晴らしくハマってました。

文太兄ィの声の仕事だと「千と千尋の神隠し」の豪放な釜爺ももちろん良かったですが、
このカタツムリもとても印象強く残ってます。

柴田監督はどうしてもこの役を文太兄ィにやってもらいたくて、
NHKを口説きいた話をしてもらったことがありました。
柴田監督によればこの作品は文太兄ィはとても気に入ってくださったそうです。

その拡大版の「よみがえりの森 千年の村 クニ子おばばの焼畑物語」が
12/11(木)午後2:30~3:59にBSプレミアムにて再放送されるそうです。
ぜひこの機会に見ていただきたい作品です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/597-23e0eceb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT