長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何か途方もないものを見たような  杉田愉監督作『キユミの森 サユルの澱』評



発売中のキネマ旬報はももクロ主演映画「幕が上がる」とともに、
“アイドル映画の神様”でもある大林宣彦監督に本広克行監督がアイドル映画とは?について対談したり、
クリント・イーストウッド監督のまたも傑作らしい「アメリカン・スナイパー」を巡って小林伸彦氏と芝山幹郎氏が対談したりと気になるページがありますが、
特筆なのは文化映画紹介爛にて渡部実氏による「長岡アジア映画祭’14」オープニング上映作
杉田愉監督『キユミの森 サユルの澱』のとても読み応えのある批評が掲載されています。

-何か途方もないものを見たような-

この映画の何が途方もないのか、ぜひ読んでいただきたいです。

http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/kinema_No1683/Default.aspx
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/680-77cc6352

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT