FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

放浪の系譜〜瞽女唄とアジアの遊行文化



「第15回長岡アジア映画祭」で上映した「瞽女さんの唄が聞こえる」の伊東喜雄監督よりメールが届きました。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1205.html
5月5日東京は両国門天ホールにて「瞽女さんの唄が聞こえる」の上映とともに長岡葛の葉会の瞽女唄が披露されるそうです。

「第15回長岡アジア映画祭」ではドキュメンタリー映画「瞽女さんの唄が聞こえる」の上映を日頃、活動を耳にしていた長岡葛の葉会の皆さんの瞽女唄とともにできないかと企画しましたが、
「瞽女さんの唄が聞こえる」は高田瞽女の記録映像、
長岡葛の葉会は小林ハルさんの遺志を受け継ぐ長岡瞽女。
高田瞽女と長岡瞽女は同じ瞽女唄だと思ってましたが、まるっきり流派が違うそうで、
高田瞽女の映画に長岡瞽女の瞽女唄という企画はまずかったかと思いましたが、
長岡葛の葉会の方より理解とご協力を賜り、上映と瞽女唄が無事に披露されてお客様から多大な好評をいただきました。
改めて当時を思い出し長岡葛の葉会の方に感謝申し上げます。

今回、両国門天ホールにて再び映画上映と瞽女唄が披露されるようです。

また「瞽女さんの唄が聞こえる」は滅び行く高田瞽女の姿を記録した貴重な映像。
どこでも上映後に感動した客席から拍手が沸く作品でもあるますのでお近くの方はぜひとお勧めいたします。

*放浪の系譜〜瞽女唄とアジアの遊行文化:もんてん映像&民俗シリーズ第1回 

5/5/火祝 13時半開場、14時開演

日本の精神文化を解き明かす際に忘れることが出来ないのが放浪・遊行性である。放浪・遊行性には、多くの宗教者、歌人俳人だけでなく、芸能者としての瞽女がいた。
今回の催しは、庶民の哀歓の中に身を置き底辺から社会を支えてきた漂泊者の文化に改めて焦点をあて、さらに海外の放浪民の研究者らをゲストに迎え、共通の地平を探ろうとするものである。

(1) 上映会「瞽女さんの歌が聞こえる」(34分、2009年制作/監督伊東喜雄)
伝統芸能保持者として無形文化財にも選択されている越後高田瞽女の生活と最後の旅の記録映画

(2) 講演 「人はなぜ旅をするのか」日本文化と放浪の系譜
講師 林雅彦 / 明治大学教授(日本思想史、民俗学)

(3) 演奏 「長岡葛の葉会」
瞽女唄を伝承する20代から60代の女性4人の晴眼者グループよりお二人をお迎えして
演奏 / 横川恵子、金川真美子

(4) 座談会
司会進行 斎藤弘美(YU-EN代表)
監督、講師、出演者をはじめ、参加者とともに座談会。

料金:一般2,500円、門天会員・学生2,000円 (当日各500up)
主催:一般社団法人もんてん(両国門天ホール)
予約・問い合わせ先:両国門天ホール
mail:ticket@monten.jp(@は小文字に直してください)
tel:03-6666-9491

http://www.monten.jp/20140505
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/722-3ba4e2e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT