長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

だしを引き、 想いを醸し、枯れた人生をうるおそう



「千年の一滴 だし しょうゆ」シネ・ウインド初日の一回目の上映後、
会場を移して
【だしを引き、 想いを醸し、枯れた人生をうるおそう】と題したイベントに参加しました。

タイトルとは真逆に枯れた人生の人は担当者くらいかと思うほど、
個性豊かな面々が十数人集いながら、
野菜ソムリエで料理研究家の木村正晃さんが高級の昆布とかつおぶしを使って、
だしを引いて皆さんで試食。

だしの取り方はいろいろと手順があるようですが、
今回間近で見ていてやはり火加減が大事なんだろうと思いましたが、
完成しただしはまさに黄金色。
そして味わってみましたが、これが本物の味なのかと感激をしたほどでした。

そして柴田監督の話とともに参加者で映画の感想を話しながらの懇親会となりましたが、
映画の上映だけでなくこんな形で楽しめることができるのも、
「千年の一滴」の特色だと思いました。
そして長岡でもできないかと夢想したりしました。

この後、古町へ用事があったのですが、
このイベントに昆布と鰹節を提供したと思われる鰹節店の方より、
車で送っていただきました。ありがとうございます。
人情横丁にお店を出してる方なのですが、
たまに通ったりしていたお店なのでこんな形でお世話になるとは。

このイベントは本日12日も開催しますのでお勧めいたします。
やはりあのだしの色と味は特筆でした。

【だしを引き、 想いを醸し、枯れた人生をうるおそう】

「千年の一滴 だし しょうゆ」を観た後に、柴田監督たちと一緒にだしを引き、それを味わいながら語り合いましょう。

日時:4/11(土)、4/12(日)  両日12:30~14:00

対象:4/11(土)または4/12(日)の「千年の一滴 だし しょうゆ」10:00の回ご鑑賞の先着各20名

会場:新潟市総合福祉会館(シネ・ウインドから歩いて移動します)

料金:300円(材料費などに充てます)

この映画を観れば、きっと今以上に料理に関心を持つようになるでしょう。まずは映画を観て、監督と一緒にだしを味わいながら語り合いませんか。

「千年の一滴 だし しょうゆ」公式サイト http://www.asia-documentary.com/dashi_shoyu/
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/730-6a8ec5c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT