FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の履歴書



 純愛映画「故郷は緑なりき」の撮影がロケ地の新潟県長岡市で始まった。相手役のニューフェース同期の水木襄さん。私は「同世代の女性の心に響く作品にしよう」と必死で取り組んだ。自ら提案した企画だけに責任は重大。失敗は許されない。
 そのかいがあってか、女性層を中心に予想以上の反響があった。ファンレターもたくさん届いた。私はホッと胸をなで下ろした。この映画で受け身だった私の女優としての気構えが変わる。仕事の楽しさを知り、演技への意欲も膨らんだ。

以前お会いした「故郷は緑なりき」上映会を新潟日報投書欄「窓」に書いていただいた、
新潟市に住む「故郷は緑なりき」の大ファンの方から、
三年前に日本経済新聞に連載されていた佐久間良子さんが半生を振り返る「私の履歴書」のコピーをいただきました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-732.html
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-697.html

箱入り娘から自身の決断で東映の女優へと進みながら、
着実に人気女優へと踏み出し年間20本もの作品に出演していたものの、
東映で大人気の時代劇やギャング映画などの男性映画の添え物が続いた中で、
このままでいうのか?という思いのなかで出会った富島健夫原作「雪の記憶」に出会い、
当時の東映・大川博社長い映画化を直訴した経緯から、
完成後の反響までが一章を割いて紹介されていました。

この「故郷は緑なりき」への出演を契機に以後、沢島忠監督「人生劇場 飛車角」、田坂具隆監督「五番町夕霧楼」、今井正監督「越後つついし親不知」と清純派から演技派となる道のりが撮影や巨匠との絡みとともに書かれていてとても読み応えがりました。

一方、平幹二朗氏との結婚から破局も率直に綴られているなど私生活の面で驚いたのは
独身時代の鶴田浩二との不倫の恋についても紙面を割いていたことでした。
これを知ると二人が共演した任侠映画の走りの「人生劇場 飛車角」に俄然興味がわいたりしました。

ただ担当者の世代は佐久間良子さんというと大河ドラマ「おんな太閤記」、そして市川崑監督「細雪」になるのですが、
大河ドラマで初めて女優が主人公の「おんな太閤記」には熱く書かれていても、
「細雪」については連載の都合なのか触れていなかったのが少し残念でした。

いづれにしても名だたる名作のなかで「故郷は緑なりき」に一章を割いてることで改めて佐久間良子さんにとって、そして東映にとってもメロドラマの先駆けでもあるようなので重要な映画なんだと思いました。

他にも月刊シナリオに掲載されてた「故郷は緑なりき」の脚本に当時の資料などもいただき、
まことにありがとうございました。

あと佐久間良子さんに「故郷は緑なりき」上映会へのメッセージをいただいたことを、
当日の様子も添えてお礼状を送ったところ、
ご丁寧に返信が届いていました。
スポンサーサイト



| 未分類 | 17:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/740-e9fd327f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT