FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊東喜雄監督 「瞽女さんの歌が聞こえる」



高田世界館で開かれた「放浪の系譜〜瞽女唄とアジアの遊行文化」に参加してきました。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-747.html
世界館に着いたら入り口に「瞽女さんの歌が聞こえる」の伊東喜雄監督が看板を立てたりと準備をしていたので挨拶をしました。
こちらを見て「生きているんだか心配してたよ」
なんとか生きてます。

「第15回長岡アジア映画祭」での「瞽女さんの歌が聞こえる」上映の翌年に確か長岡でのイベントでお会いして以来だから4年ぶりになります。

伊東監督に惹かれるところはちょうど世代的に東京では学生運動などが華やかな頃に、
喧騒を離れて高田に通いつめて瞽女さんの唄と言葉に耳を傾けて記録に従事していたこと。
そのおかげで今も貴重な記録映像が観られるほか、
監督が瞽女さんについて語る姿には深い愛情を感じずにいられません。

今回のトークで印象に残ったのは山の上の山小屋にたった一人住む
きこりのために瞽女さんが毎年訪れ唄いに行ってたこと。
何も娯楽のない場所に自分を心待ちにしてるきこりのために難儀な山道を登って行く瞽女さんの義理堅さを賞賛していました。

映画に登場する高田瞽女の皆さんが寝泊りする一軒家はこの世界館にも近い雁木通りにあり、
モノクロ映像ながらもこの地で観ると自空を超えた親近感みたいなものを感じていました。
そして瞽女唄の披露はもちろんですが、
瞽女さんたちが家を綺麗に掃除している日常の姿の映像は何度見ても毎回驚嘆しておりました。
そして写真で登場する“はなれ瞽女”の姿にこの四年の自分の年月を思っていました。

ちなみに今回16時という半端な時間での上映なのでなぜかと思ったら、
この高田では「瞽女さんの歌が聞こえる」は世界館はじめ何度も上映しているので、
高田ではすでにおなじみの映画ということらしいです。

伊東監督は現在、次回作の制作に入っており、
どんな作品になるのか尋ねたら今度も”芸人”をテーマにしているようです。
完成を待ちたいです。
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/758-c2ac27cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT