長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪の轍

DVC00048_convert_20150525201516[1]

担当者は高崎に出張によく行くのですが、
先日もお仕事を終えてシネマテークたかさきに足を運んで
「故郷は緑なりき」に続いて「標的の村」長岡上映会の仮チラシを置いていただく依頼をしたところ、
快く引き受けていただきました。ありがとうございます。

それで壁に掲示してあるポスターを見たら、
昨年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「雪の轍」とありました。
堂々3時間16分のトルコ映画で監督はヌリ・ビルゲ・ジェイラン。

「第8回長岡アジア映画祭」で「五月の雲」を上映し、
http://www.mynet.ne.jp/~asia/8th/8th_film.html
当時は“俊英”でしたが世界の最高峰に立ってもう“巨匠”と呼ばれてもおかしくないだろうな、
などとポスターを眺めて思ったりしました。

「五月の雲」は絵に描いたような文芸映画で観た人の心に確実に残った作品でした。
あれから10年以上経って「雪の轍」はいかなる境地に達しているのか、
会ったこともない監督ですが、上映した縁で活躍を嬉しく思ったりしてます。

「雪の轍」はシネマテークたかさきで8月22日より公開されます。
http://bitters.co.jp/wadachi/

またシネマテークたかさきでは5月30により「千年の一滴 だし しょうゆ」が公開され
初日に柴田昌平監督も舞台挨拶に駆けつけるようです。
http://takasaki-cc.jp/

「標的の村」上映会は8月15日(土)にアオーレ長岡市民交流ホールAにて。
午前と午後に一回づつ上映予定です。

http://hyoteki.com/
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/775-dd1e01f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT